« サンセーキ | トップページ | タベルナ・バラッカ(続) »

2007年10月12日 (金)

タベルナ・バラッカ

01zensai

「おいしく食べて健康長寿」がモットーのお食事会がありました。お店は、赤坂、昔TBSがあった(いま高層ビル建築中)ところの向かいのビル3階にある、スペイン料理の「タベルナ・バラッカ」です。珍しい料理がいろいろ出てきて、楽しくておいしかった。
■オードブル↑
ほうれんそう入りスパニッシュオムレツ(右)
刻んだ自家製生ハム入りコロッケ(手前)
ムール貝(左)
ブラックオリーブ(まんなか)
もう一つ(上のほうにあるオレンジ色のソースあえ)は、なんだったっけ? メモしたのですが、この部分のみどこかへいっちゃった。

02namaham ■自家製生ハム
生ハムを食べながら、メンバーの一人が「生ハムにメロンをあわせるのは、日本人が考えたんだろうか」といいました。清水尚シェフのお答はこうです。
「メロンと合わせるのは、イタリア。なぜならば、イタリアの生ハムは、半年で作る。スペインの生ハムができるまでには1年かかる。香りも味も濃く、身が締まる。そこで、いちじくとあわせることが多い」。
なるほど、「そのいちじくはドライですか」とクサマ。
「ドライもあるし、生のいちじくを使うこともある」とシェフ。
へーぇ、ヨーロッパのいちじくはドライにすると思ってた。
生ハムの食べ方も話題になりました。
生ハムを口に入れたら、上あごの裏につけて温め、香りを嗅いでから、食べ、ワインを飲むのだそうです。
そうなの。いきなりパクバクムシャムシャしてはイケナイのね。よい生ハムを、ゆっくり味わう方法ですね。

03unagi ■ウナギの稚魚
有名な「うなぎの稚魚」のオリーブオイル煮(炒め?)
塩とシェリー酒で下処理したウナギの稚魚を、熱したオリーブオイル(にんにく・赤唐辛子入り)に入れたもの。ウナギがオリーブオイルのお風呂に入っている!バーニャカウダみたい!フォークですくって、フランスパン系パンにのせていただきます。
ウナギって、稚魚の頃から細長くてちゃんとウナギしてます。白魚とも、ノレソレとも違う。おチビさんのくせに、ものすごく高価なんですって。キロ何万円とするらしい。ま、そりゃそうだ。この小さいのがみんな、おとなのウナギになることを期待されているんだからね。
たいへんな貴重品なので、ありがたく味わいました。

ここで時間切れ。続きは明日。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« サンセーキ | トップページ | タベルナ・バラッカ(続) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/16736707

この記事へのトラックバック一覧です: タベルナ・バラッカ:

« サンセーキ | トップページ | タベルナ・バラッカ(続) »