« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

藤沢かぶ

Fujisawa_kabu01伊勢丹をぶらぶらしていたら、特設コーナーに山形の野菜がいくつか並んでいました。
そのなかに見つけた!
キミは藤沢かぶではありませんか?!
「焼き畑で作っていると聞いたんですが…」と係の人に聞くと、その通り。
じゃあ、本当にあの「藤沢かぶ」なんだ。
1個100円でした。3本ゲット。
そばに「温海かぶ」も売っていた(100円)ので、ゲットしました。

続きを読む "藤沢かぶ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年11月29日 (木)

八百屋塾③ だいこん

Daikon_magokoro

Daikon_ohkura_2

Daikon_gensuke

Daikon_shougoin01_611月のもうひとつのテーマ野菜はだいこん。
食べくらべたのは和風に煮て、上左は「まごころ野菜(千葉県JA佐原)」、右は大蔵(千葉県富里市 小野沢克之)」。下左は「源助(加賀野菜)」、右は「聖護院(京野菜)」の4種。
生で食べたのは、「まごころ」と「大蔵」。それに渡辺採種場からの提供品「本宮」です。
このほか、一般的な青首や、辛味、紅芯、黒だいこんなども展示されました。

続きを読む "八百屋塾③ だいこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

八百屋塾② はくさい

Hakusai_oai02_2Hakusai_ryutoku02

Hakusai_menkoi03  11月のテーマ野菜のひとつはくさいは、芯が黄色になるのが今の主流。かつて、漬けもの用にたくさん使われた時代は、はくさいの芯は白だけだったそうです。
写真は、白菜の黄芯(左)と白芯(中)、ミニ白菜(右)も黄芯。白菜を得意科目の一つとする渡辺採取場から、提供されたものです。  このほか、ミニ白菜「めんこい」も渡辺さんが提供してくださったもの。

続きを読む "八百屋塾② はくさい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

八百屋塾① 温州みかん

Mikan_uwa01 11月の八百屋塾に登場したのは、温州みかん、りんご、白菜、だいこん。
◇写真は温州みかん 早生 宇和

続きを読む "八百屋塾① 温州みかん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

庄内 柿しぐれ

Kaki_sigure02よこはま青果塾の藤岡輝好委員長が、「こんな柿がありました」と紹介してくれたのが、「庄内 柿しぐれ」。柿についていたパンフレットには「山形県庄内産たねなし柿」とありました。

続きを読む "庄内 柿しぐれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

果物教室③ 温州みかん

Mikan温州みかんの早生が2種類。愛媛県の「日の丸」と熊本県河内産を試食しました。写真、アルミ皿の左は日の丸、右は河内産です。

続きを読む "果物教室③ 温州みかん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

果物教室② 柿

Fuyu_ibigawa03

Fuyu_ibigawa02_2

Fuyu_ibigawa01_2柿は、完全甘柿と不完全渋柿を試食しました。
まず、タネのありなしに関係なく甘い完全甘柿の「富有」が2種。岐阜県揖斐川産と山梨県石和産です。写真↑は揖斐川産の「富有」。

続きを読む "果物教室② 柿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

果物教室① 西洋なし

Fruits01 11月の果物教室のテーマは、柿、西洋なし、りんご、温州みかん。
前日に開かれた<西洋なしフォーラム>にいらした研究所の方や農園の方も展示フルーツ持参で参加して、賑やかな果物教室になりました。
写真は一番手前が「早生みかん(愛媛県 日の丸と熊本県 河内)」。次が「サンふじ(長野県 あづみ)」、続いて「サンふじ(山形県 朝日町)」「ジョナゴールド(岩手県 江差)」。西洋なしは「ラ・フランス(山形県 西郷)」。柿は、「富有柿(山梨県 石和)」「富有柿(岐阜県 揖斐川)」「甲州百目(山梨県)」。その向こうは「ラ・フランス(長野県 宮原農園)」。いちばん向こうは<西洋なしフォーラム>に参加された長野県「宮原農園」の「ぐんま名月(右)」と「コミス(左)」。

Fruits02別のテーブルに、こちらも<西洋なしフォーラム>に出た山形県「うばふところ」の西洋なしが並びました。手前左から「カスケード」「エルドラド」「デヴォー」。向こう側の真ん中は「越さやか」、右は「ヴォートヌゥ」。左の「レッドコミス」は宮原農園のもの。

続きを読む "果物教室① 西洋なし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

調理用リンゴがいっぱい

Bramley_imperial01_1 「リンゴ新品種フェア」では、調理・加工用りんごの展示もありました。ジュース、パイ、ジャム、ソース、焼きリンゴなどに使われるリンゴ、全部で14種類。<ブラムリー↑>も展示されていました。

続きを読む "調理用リンゴがいっぱい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

金色のりんご

Sinano_gold01リンゴ新品種フェア」で試食した中生リンゴのなかで、私がいちばんおいしいと思ったのは、シナノゴールド(写真)でした。香りにも味にも奥行きがあって豊かな感じ。でも、この色って日本人にはどうなんだろう、とつい思っちゃう。

続きを読む "金色のりんご"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月17日 (土)

中生リンゴ戦国時代

「中生リンゴ戦国時代」というのは、最近の日本農業新聞に出ていた記事のタイトルです。それによると、リンゴの中生品種が毎年増えており、ことし大田市場に入荷した中生品種は、昨年より7つ増えて30品種、といいます。都内のスーパーの売り場には10種類も並び、担当者は「種類が多すぎて、お客さんはどれを買っていいか迷っている」とか。

続きを読む "中生リンゴ戦国時代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

加賀れんこんと豚肉の炒め煮

Renkon_pork 加賀れんこんをいただきました。加賀れんこんといえばすって蒸すというイメージですが、ちょっとワタシには「お上品な和食」的で意欲的になれない。で、青木悦子先生の『新じわもん王國 金澤料理』をみてみました。すると、えーっ、加賀れんこんサマにこんなことしていいの?というレシピがありました。「加賀れんこんと豚肉の炒め煮」。

続きを読む "加賀れんこんと豚肉の炒め煮"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ドラゴンフルーツのつぼみ

Dragonfruits_bud01

Dragonfruits_bud02デパートの青果コーナーを通り過ぎようとして、ハッとしました。
あら、もしかしてドラゴンフルーツのつぼみじゃない。

続きを読む "ドラゴンフルーツのつぼみ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月13日 (火)

トマト菜園のトマト

Tomato4  福島県いわき市にある「いわき小名浜菜園」で、おみやげに4種類のトマトをいただきました。左から「こくみキッズチェリー」「スナックトマト」「こくみトマトミディ」「こくみトマトプラム」。
市場に出るときには大きさや重量を揃えるのでしょうけれど、おみやげは収穫された箱の中から好きなだけいただいたので、大きさはまちまちでした。

続きを読む "トマト菜園のトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

トマト菜園見学

Tomato_field03

Tomato_field02_2福島県いわき市にある「いわき小名浜菜園」を見学に行きました。カゴメの「こくみトマト」を作っている、大きな栽培施設です。5ヘクタールの温室が2つ、アジア最大の規模だそうです。
写真は施設の内部(左)、作業する人(右)。作業台は、大きな蜘蛛の脚みたいに伸び縮みして、高さを調節できます。

続きを読む "トマト菜園見学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

福島から届いた野菜

Nakazawa01 高校の同期生が早期リタイアをして、福島で田舎暮らしを始めました。有志が年に一度、貸し切りバスで押しかけ、バーベキュー大会を催します。今年は9月末に行きましたが、残暑がすごかった。
そのときの写真を送ったからでしょう、小包みが届きました。

続きを読む "福島から届いた野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

キワノ

Kiwano01 モンスターの卵みたいなフルーツを売っていたので、つい買ってしまいました。「キワノ」、ニュージーランド産です。割ってみると、これまたスゴイお姿。

続きを読む "キワノ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

紀の川柿 黒あま

Kuroama01

旅から帰ると、家に「黒あま」という柿がありました。切ってみると、ゴマがいっぱい入っていて、果肉が黒いくらい。
なるほど「黒あま」ね。きっとフルーツ売り場で試食販売をしていて、試食はしなかったけどこのゴマを見ちゃって、買わずにおれなかったんだ。

続きを読む "紀の川柿 黒あま"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

じわもん

Jiwamon 金沢にある青木クッキングスクールの青木悦子校長先生がお作りになった本です。『青木悦子の新じわもん王國 金澤料理』(北國新聞社)。
青木先生は、金沢の郷土料理を守り伝えていくことに力を尽くしている方。その功績に対して「北國風雪賞」を受賞されています。

続きを読む "じわもん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

2007年11月の陽子ファームから

Yoko_farm 陽子ファームから毎月野菜を届けてもらっていますが、今月その日は留守にするので、1週間早くお願いしました。

続きを読む "2007年11月の陽子ファームから"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

野菜の花かご

Bouque江澤先生を偲ぶ会」に、野菜の花で作った花かごを持ってきた方がいました。
「今朝早く起きて、畑中を駆け回って摘んだ」とおっしゃいます。リボンの色もマッチしていて、野菜の花だけとは思えない華やかさ。
「ご自分でお作りになったの?」という、クサマの失礼な質問に
「そうだよ」と、こともなげにお答えになった。
中央官庁をリタイアした方です。今回の「偲ぶ会」では、私とともにカメラ担当。ホントに人って見かけによりません。

続きを読む "野菜の花かご"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

野菜の神様の野菜

Kagura_nanban_3Kinchaku_nasu_3Nagaoka_satoimo_7  「野菜の神様」といわれた江澤正平先生を偲ぶ会には、ゆかりの野菜と果物が各地から寄せられました。戦後の高度成長時代に画一的になっていった日本の野菜を憂い、伝統野菜、地方野菜の発掘と復興に力を入れておられました。たとえば「長岡野菜」「加賀野菜」「会津野菜」といわれる野菜たちも、先生のサポートがあってこそブランド形成が可能だったのではないかと思います。
写真↑は、長岡野菜。左から「神楽南蛮」「長岡巾着なす」「さといも」。新潟県長岡中央青果(株)からご提供いただいたものです。

続きを読む "野菜の神様の野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

野菜の神さまを偲んで

Ezawa02 <野菜と文化のフォーラム>の名誉理事長、江澤正平先生がお亡くなりになって1ヵ月余。先生を偲ぶ会が開かれました。先生ゆかりの野菜と果物たちが、お写真のまわりを囲んで。
当初このプランを話し合ったときは、どんなことになるのかと心配しましたし、プロも「こんなのは初めて」とおっしゃったそうですが、素晴らしいできばえ。江澤先生の会らしいディスプレイでした

続きを読む "野菜の神さまを偲んで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »