« じわもん | トップページ | キワノ »

2007年11月 7日 (水)

紀の川柿 黒あま

Kuroama01

旅から帰ると、家に「黒あま」という柿がありました。切ってみると、ゴマがいっぱい入っていて、果肉が黒いくらい。
なるほど「黒あま」ね。きっとフルーツ売り場で試食販売をしていて、試食はしなかったけどこのゴマを見ちゃって、買わずにおれなかったんだ。

Kuroama02下記は、「黒あま」で検索したJAのページから。

  • JA紀の里のたねなし柿の中からわずか1%の樹を厳選し、さらに樹の中でも太陽の光をいっぱい浴びることが出来た果実だけが「黒あま」になることが出来ます。
    果肉の黒い粒と皮の紅の濃さは熟成の証!
    パリッとした食感の後には、ジュワーっと甘みが広がります。
  • この紀の川柿はたねなし柿を樹にならしたまま、袋をかけてその中に固形アルコールを入れ渋を抜き、じっくりと時間をかけ熟成させてから収穫します。ひとつひとつの果実に袋をかける為とても手間がかかり収穫量が少ないです。

「黒あま」の品種は「平核無(ひらたねなし)」という渋柿だそうです。木になっているまま袋をかけて、樹上で渋抜きするというのですから、手がかかっている。
食べると確かに甘いのですが、気のせいかつるんとした果肉だけではない何かがひっかかっていて、最後に口に残る。これはゴマのかたまりなんだろうか。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« じわもん | トップページ | キワノ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17001171

この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川柿 黒あま:

« じわもん | トップページ | キワノ »