« 果物教室② 柿 | トップページ | 庄内 柿しぐれ »

2007年11月25日 (日)

果物教室③ 温州みかん

Mikan温州みかんの早生が2種類。愛媛県の「日の丸」と熊本県河内産を試食しました。写真、アルミ皿の左は日の丸、右は河内産です。

Mikan_hinomaru01_2Mikan_hinomaru02 「日の丸」みかん↑は、愛媛県八幡浜市の日の丸共同選果場からやってきたみかん。同じ八幡浜で獲れる真穴共同選果場の「真穴」とともに、ブランド化に成功している(のかな。まあ、業者レベルかもしれないけれど)。 

Mikan_kaeati01

Mikan_kaeati02こちら↑は熊本県河内町で獲れた早生みかん。
「日の丸」も河内産も、海に面した傾斜地で陽の光と潮風に吹かれて成長した、という似た環境で育っています。でも、今回私の前に配られたみかんを試食した限りでは、「日の丸」よりも河内のほうが味が濃かった。
糖度は、「日の丸」の高いところで15.4、低いところで12.5。河内は、高いところで13.1、低いところで11.9。でもこれは、私が食べたものをはかった数値じゃないからね。

温州みかんは、熟する時期によって次のように分かれています。

  1. 極早生温州…9月上旬~10月上旬
  2. 早生温州…10月中・下旬
  3. 普通温州は早熟系・中熟系・晩熟系にわかれている。
    早熟系…11月上・中旬、
    中熟系…11月中旬~12月上旬
    晩熟系…12月中・下旬 晩熟系は貯蔵みかんともいわれるもので、3~4月ごろまで貯蔵・出荷できる。

極早生よりも早く出回るのは、ハウスみかんです。資料によれば

  • ハウスは加温する時期によって、6~7月に出荷される「早期加温」と、8月下旬~9月に出荷される「後期加温」に分けられ、もっとも早いものは4月頃から出回る。

ということは、1年中出回っているわけね。「千両みかん」なんて落語はホントに昔話ですね。

人気blogランキングへ
ブログランキング   

|

« 果物教室② 柿 | トップページ | 庄内 柿しぐれ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

楽しい果物教室」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17189533

この記事へのトラックバック一覧です: 果物教室③ 温州みかん:

« 果物教室② 柿 | トップページ | 庄内 柿しぐれ »