« 果物教室① 柑橘 | トップページ | 果物教室③ 干し柿 »

2007年12月19日 (水)

果物教室② ル・レクチェ

06_le_lectier01 12月のテーマのひとつ、西洋なし「ル・レクチェ」です。
先日NHKで、低温ショックを与えることによって追熟をコントロールできるようになったという話を紹介していましたが、ル・レクチェの収穫時期10月下旬、食べ頃は12~1月。「ラ・フランス」の後に出てくるわけです。

06_le_lectier02 ル・レクチェが最初に日本に入った時期は定かではありませんが、明治36~40年(1903~1907年)の間に、新潟県の小池左右吉によって導入されたものの中に含まれていたといいます。栽培がむずかしくいったんはあきらめた。それが復活したきっかけは、古町の芸者さんの一言なのだそうです。
最初バートレットを栽培する計画だった。それを芸者さんに話したところ、「その梨は私たちが食べているロクチよりおいしいんですか」と聞かれた。で、そうか、ロクチはそんなにおいしいのか。じゃあロクチを復活しよう!と。
ル・レクチェはフランス語“Le Lectier”なので、はじめのうち「ロクチ」「ル・ルクチー」「ル・レクチー」「ル・ルクチェ」などのような表記がありましたが、昭和40年(1955年)に、新潟県で「ル・レクチェ」に統一されました。
下記は、ル・レクチェが入っている袋に書かれていた「食べ頃5つのサイン」。

  1. 色 果実全体が鮮やかな黄色に変わる。
  2. 香り 甘い香りがしてくる。
  3. へた 茶色のへたが黒くシワシワになる。
  4. くび へたに近い実のくびの部分が黒ずんでくる。
  5. 硬さ 手に持つとやや弾力のある感触になる。

06_le_lectier03香りがよく、白くきめ細かな果肉は、なめらかでジューシー。「それはロクチよりおいしいんですか」と聞いた芸者さんに感謝です。
糖度16.7。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« 果物教室① 柑橘 | トップページ | 果物教室③ 干し柿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梨・りんごなど)」カテゴリの記事

楽しい果物教室」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17410208

この記事へのトラックバック一覧です: 果物教室② ル・レクチェ:

« 果物教室① 柑橘 | トップページ | 果物教室③ 干し柿 »