« 〔野菜の学校 2007〕1月-2 大根(続) | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕1月-4 小松菜 »

2008年1月18日 (金)

〔野菜の学校 2007〕1月-3 大根(続々)

Sakurajima01

Sakurajima02

Sakurajima03テーマ野菜「大根」の展示用として用意してくださった「桜島大根」。クサマを含め、初めて見たという方もたくさんいました。
写真は桜島大根が入っていた箱。「子どもが入りそうね」というくらい大きかった。
 

以下は、「サカタのタネ」の資料です。

  • 特性
    通常で6kg前後、大きなものになると30kg以上になる丸大根。
    根形は楕円形で、首部は淡緑色になるものがある。
    葉は、葉柄が細く長い。根部を覆うように伏性となる。
    晩夏~初秋までの秋大根。
    肉質は緻密で多汁で甘みに富む。
    もっとも作付けの多い晩生種はス入りが遅い。
  • 歴史
    桜島大根の機嫌は18世紀以前までさかのぼることができますが、そのルーツはさまざまの説があります。
    大きく分けると、「方領起源説」「自生大根説」「国分大根説」「琉球島大根説」などがありますが、どれも確証はありません。ただひとついえることは、大根の原産地といわれているアジアなどでは同様の形質をもつ系統が見られないということです。
    本品種は大きく「早生」と「晩生」に分けられますが、細かくはかなり多岐にわたっております。もしかしたらルーツは一つではないのかもしれません。

Sakurajima05教室が終わって、希望者に分けることにしました。切ってみると、包丁が意外なほどスーッと入ります。刃に当たる、肉質のきめ細かさ、なめらかさ。切れ端を食べてみたいと伸びてきた手に渡すと、「カブみたい」という声があがったほどです。
今頃出てくるのですから、晩生種でしょう。もちろんスなどぜんぜん入っていません。すばらしい大根でした。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« 〔野菜の学校 2007〕1月-2 大根(続) | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕1月-4 小松菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17734963

この記事へのトラックバック一覧です: 〔野菜の学校 2007〕1月-3 大根(続々):

« 〔野菜の学校 2007〕1月-2 大根(続) | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕1月-4 小松菜 »