« 〔野菜の学校 2007〕1月-3 大根(続々) | トップページ | ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 »

2008年1月19日 (土)

〔野菜の学校 2007〕1月-4 小松菜

Komatuna_a02

Komatuna_b02_21月の[野菜の学校]で取り上げた「旬の野菜」は小松菜。東京産の「東京小松菜」(写真左)と、茨城産の「ちぢみ小松菜」(写真右)です。じゃこといっしょに炒めて試食しました。

Komatuna_a03

Komatuna_a04_2■東京小松菜(楽天・夏楽天・おそめなど導入品種が多く特定できず)
東京産
以下は資料から
小松菜という名前は五代将軍徳川綱吉が命名し、小松川(現在の江戸川区あたり)に由来。江戸時代にカブが改良されたもので、栽培も消費も東京が第一位。ハウス栽培、トンネル栽培、露地栽培と周年栽培されている。

Komatuna_b03_2Komatuna_b04_2■ちぢみ小松菜(渡辺採種場)
茨城 JA旭村
以下は資料から
ちぢみ小松菜は、冬の寒さにさらす「寒締め栽培」という方法で育てられている。植物時代が寒さから身体を保護するために、甘みを高めることから。

「ちぢみ小松菜は、品種が違うのではなく育て方が違う」と東京青果の澤田さん。
「甘くておいしい」と評価は高いのですが、「ちぢみほうれん草に似ている」「小松菜らしさを求めるなら東京小松菜」という意見もありました。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« 〔野菜の学校 2007〕1月-3 大根(続々) | トップページ | ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17746949

この記事へのトラックバック一覧です: 〔野菜の学校 2007〕1月-4 小松菜:

« 〔野菜の学校 2007〕1月-3 大根(続々) | トップページ | ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 »