« ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 | トップページ | 果物教室② いちご »

2008年1月21日 (月)

果物教室① オレンジなど

Tenji02_1_2 2008年1月の[楽しい果物教室]は、輸入果物といちご。輸入果物は、オレンジとグレープフルーツタイプが2点登場しました。
以下は資料からの引用。

Nable01_1_3

Nable03_1_3

◇ワシントンネーブル
ブラジンには1530年頃にふつうオレンジが導入された。特に、ブラジルのバイヤ州に渡ったオレンジのうち、18世紀末~19世紀初めにポルトガル人が導入した「セレクタ・オレンジ」の突然変異として「バイヤ・ネーブル」が生まれた。同地方では、今も「バイヤ・ネーブル」と呼んでいる。1870年に米国農務省が苗木を導入し(以前にも導入したが失敗)、ワシントン市の温室に植えたことから、「ワシントン・ネーブル」の名がついた。

Sweety01_1_4Sweety03_1_3

◇オロブランコ
1958年、カリフォルニア大学で2倍体の無酸ブンタン(CRC2240)に4倍体のグレープフルーツを交雑し、3倍体の無核のグレープフルーツタイプが育成された。グレープフルーツより糖度が高く、酸味が少ない。着色が遅く成熟期にも緑色が抜けず緑果で店頭に並ぶ。イスラエルから「スイーティー」という商品名でわが国にも輸入されている。

Merogole01_1Merogold02_1 ◇メロゴールド
1958年、カリフォルニア大学で2倍体の無酸ブンタン(CRC2240)に4倍体のグレープフルーツ(白肉食)を交雑し、3倍体の無核のグレープフルーツタイプが育成された。果実重500g~1000g、果皮はグレープフルーツより熱く、果皮は緑~黄色、ジューシーで甘く、濃厚な美味しさがある。

正しくは「オロブランコ」というのですね。「オロブロンコ」だと思っていた。“Oroblanco”と書くのだから、確かにブランコ。

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 | トップページ | 果物教室② いちご »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

楽しい果物教室」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/17770771

この記事へのトラックバック一覧です: 果物教室① オレンジなど:

» エコバッグ [,果物教室? オレンジなど]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 06時33分

» エルメス [,果物教室? オレンジなど]
また読ませてもらいます。私サイトにも遊びに来てね! [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 06時40分

« ランチの野菜度-023 赤坂「津つ井」 | トップページ | 果物教室② いちご »