« 2月の陽子ファームから | トップページ | 豆の本 Beans ! »

2008年2月12日 (火)

「関六」というお芋

Kanroku01 よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からのいただきもの。「関六 昔からの品種。ふかし芋がベストだそうです」というメモつきでした。

「関六」って、亭主関白と宿六を合わせたような名前だなぁと思いつつ、ネットを検索しましたが、情報はあまり見あたりませんでしたが、「白いも」らしいということはわかりました。
「ふかし芋がベスト」なら、蒸してみよう。もちろん低温スチームです。調理器についてきた資料には、サツマイモは85℃で50分~70分。計ってみると285グラムあります。では85℃で70分。

Kanroku02Kanroku03  写真は蒸し上がった関六。切ると確かに白い。端のほうをかじってみたら筋があります。ねっとり系かと思ったら、案外あっさりしています。もう少し時間をかけてスチームしたほうがよかったのかもしれない。
そのまま食べるのはちょっともったいないので、温かいうちに切って、シロップに漬けました。なかなか好評。 

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« 2月の陽子ファームから | トップページ | 豆の本 Beans ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

低温スチーム」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/40095798

この記事へのトラックバック一覧です: 「関六」というお芋:

« 2月の陽子ファームから | トップページ | 豆の本 Beans ! »