« 八百屋塾④たら坊くん | トップページ | たんかん »

2008年2月27日 (水)

うるいができるまで

Yuki_urui01 八百屋塾で、山形の最上総合市庁の方から「雪うるいができるまで」というお話を聞きました。

特に印象に残ったのは、次の3つの点です。
1.うるいはタネで増やせないので株分けで増やすこと。
2.まず畑で栽培し、いったん株を掘り取って、12月の低温期を経験させ、その後、温かいハウスで育てること。
3.出荷するまでに10カ月かかること。
私たちの手もとに届くまでには、ずいぶん手がかかっているのです

下記は「雪うるいができるまで」という配布資料をまとめたもの。

  • 3~4月 1芽ずつに株を分けて植え付け準備
  • 5月上旬 1株ずつていねいに植え付ける
  • 6月 葉の枚数が次第に増え、盛んに育つ
  • 7月 とうが立つ。花が咲くと株の養分が取られるので、開花前に1本1本摘み取る
  • 8月 うるいは暑さが苦手。山間部の涼しい畑では育つ
  • 10月 寒さや下に当たって葉が黄色くなる
  • 11月 雪が降る前に、株を掘り取る
  • 11~12月 雪の季節は休眠ステージ。一定期間、低温を経過しないとうるいは萌芽しない
  • 12~1月 パイプハウスの中に温床をつくり、春のような雰囲気を醸しだし、株を伏せこむ
  • 1月 伏せこんでから1カ月ぐらいで25cmほどに伸びる。いよいよ収穫!

人気blogランキングへ
ブログランキング

|

« 八百屋塾④たら坊くん | トップページ | たんかん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(山菜・野草)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/40286564

この記事へのトラックバック一覧です: うるいができるまで:

« 八百屋塾④たら坊くん | トップページ | たんかん »