« 八百屋塾②トマト-2 | トップページ | メロンパーティ »

2008年4月27日 (日)

八百屋塾③熊本の野菜

4月の八百屋塾には、熊本から大同青果という青果卸会社の方がいらっしゃいました。紹介してくださったのは、熊本市が指定している伝統・特産野菜<ひご野菜>と、大同青果のオリジナルブランド<お野菜百科>について。

708meimo02

■芽イモ↑
昔から伝わるさといも「赤芽ミヤコイモ」の芽のことで、日光が当たらぬように栽培したモノを指し、スルッとした口ざわりのよさが特徴の野菜。
※酢を入れてゆでたものを試食。そのままだとお酢の味がするので酢のものにするといいと思います。

702kyouna02■京菜↑
“名をあげる”とのいわれがある縁起ものの野菜であり、細川家や京都との縁や旬の季節感を感じさせる熊本独特の正月野菜。

709pampkin02 ■熊本黒皮カボチャ↑
かって熊本、宮崎が主産地で早出し栽培をしていた黒皮かぼちゃを、熊本農業試験場が改良、普及させた。熊本の風土によく合い、日本食との相性がよい野菜。

706naganasu02■熊本長なす↑
熊本の在来種のもので、皮が赤く、実は柔らかくて種やアクが少なく、食べやすく、田楽などの郷土料理との相性がよい。
■水前寺菜もありましたが写真なし。
水前寺菜
「水前寺のり」「水前寺もやし」と並び、水前寺の三大名物と伝えられており、水前寺の茶席でよく用いられていたという「高級感」と高い栄養価を持つ野菜。
※加賀野菜の「金時草」と同じ。

  <お野菜百科>は、大同青果が推進している「食と農を考える熊本の会」の活動とリンクした、特別栽培農産物のブランド。
707onion01_2 どの野菜にも、生産者名が明記され、ホームページには、それぞれの方の栽培スケジュールとどんな農薬を何回使ったかがわかるようになっています。
旬の野菜を使った料理教室を開いて食べ方を紹介したり、定期刊行物を出したり、多角的な取り組みをしていることがわかりました。
ブランドを立ち上げた当初は<お野菜百科>を扱う販売店も限定していたのですが、現在はその枠ははずしているとのこと。
ここまで実行するのは、とてもたいへんなことです。私は、流通の立場でのブランド構築は可能性が高いのではないかと思います。どうか地道な活動をお続けになり、ますます発展なさいますように。

701gobo707onion02705tomato03持ってきたくださった<お野菜百科>は、ごぼう、たまねぎ、トマト、ほうれん草(写真なし)、水菜(写真なし)。
ホームページには、このほかのさまざまな作物が紹介されています。

|

« 八百屋塾②トマト-2 | トップページ | メロンパーティ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/41005817

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾③熊本の野菜:

« 八百屋塾②トマト-2 | トップページ | メロンパーティ »