« ハンゴンソウ | トップページ | 芋の芽 »

2008年5月 6日 (火)

熊本京菜

Kumamotokyona01_5Kumamotokyona00_6 4月の八百屋塾に登場した熊本京菜を、一束いただきました。博多のかつお菜のように、お正月のお雑煮に入れる、といいます。

以下は、芦澤正和先生監修『地方野菜大全』(農文協)から抜粋

  • 熊本京菜
     熊本京菜はコマツナ類の一種で、古くは「肥後京菜」と呼ばれていた。熊本県へはその昔、細川忠興公が筑紫の城主から肥後城主に藩替の折に持参したといわれている。
     熊本京菜は丸葉コマツナと東京コマツナとの混合系統と思われる。
     …(略)…
     熊本市近郊のみで栽培され、古くから正月の雑煮に入れる煮食用として出荷されてきた熊本京菜は、耐寒性が強く、冬まきで2~3月に出荷されるので、冬野菜としても利用されてきた。
     …(略)…利用は正月の雑煮用だが、これは餅と餅がくっつかないように間に挟むためといわれている。さらに、野菜煮や油炒めなどにも利用されている。

Kumamotokyona05_5 熊本京菜をみたとき、油揚げと煮浸しにしたらいいかも、と思ったのですが、油揚げは家にありません。入手して料理すると日にちが経ってしまうので、冷蔵庫のベーコンといっしょに煮てみました。
案外しっかりした歯ざわり。炒めものにしてもいいと思います。

|

« ハンゴンソウ | トップページ | 芋の芽 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/41108595

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本京菜:

« ハンゴンソウ | トップページ | 芋の芽 »