« 八百屋塾 梨 | トップページ | 八百屋塾 世界のとうがらし »

2008年8月30日 (土)

八百屋塾 ぶどう

8月の八百屋塾に登場したぶどうは5種類。休憩時間に味見しました。
■ベニバラード(バラード×京秀)Beniballad02
・産地:長野県
・特色:山梨県甲府市において、米山孝之氏が育成。米山氏が平成9年(1997年)に品種登録した「バラード」に、中国の品種「京秀」を交配し、平成17年(2005年)に品種登録された紅色欧州種。タネがなく皮ごと食べられる。

■ブラックビート(藤稔×ピオーネ)Blackbeat01
・産地:長野県
・特色:熊本県の河野隆夫氏が交配育成し、2004年に登録。7月下旬に成熟するかなり早生の品種。香りはなく、あっさりとした甘さが特徴。

■グリーンサマー(ネオマスカット×フサイネ)Greensummer01
・産地:?
・特色:品のいい甘さ。皮ごと食べられ、マスカットの香りがする。なお、「フサイネ」はロシア語、中国では「ニューナイ」と呼ばれる、ロシアから中国が原産地の欧州種。

■黄甘(ピオーネ×紅富士)Oukan01
・産地:長野県
・特色:「黄甘」は商品名、品種は「黄玉」。山梨県の植原葡萄研究所が、ジャスミン(ピオーネ×紅富士)の実生群から選抜したもの。八百屋塾に出ていた「黄甘」は淡緑色だが、完熟すると黄がかった色になり非常に甘いのが特徴。

■ハイベリー(両親は不明)Highberry01
・産地:愛媛県
・特色:岡山県の花澤ぶどう研究所が開発。1977年に交配、両親名は札落のため不明。8月上旬に熟成する黒色マスカット。皮ごと食べられる。「市場で非常に高値だった」と講師の橋本さん。みんな一粒ずつ試食。クセのない上品な味だった。でも、そんなに高いだけのことあるかなぁ??

|

« 八百屋塾 梨 | トップページ | 八百屋塾 世界のとうがらし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42324317

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 ぶどう:

« 八百屋塾 梨 | トップページ | 八百屋塾 世界のとうがらし »