« 幸水も豊作すぎ? | トップページ | 八百屋塾 枝豆 »

2008年8月28日 (木)

八百屋塾 なす

Tenji05 八百屋塾8月のテーマ野菜は「なす」。タキイの方から「千両2号」とF1に関するお話がありました。展示と食べくらべのほうはさまざまな在来種が登場。焼きなす、蒸かしなす、杉本青果店の杉本さんが漬けてくださった浅漬けなど、食べくらべもさまざま。なす自体の味はあまり強くありませんから、料理の腕がそのまま出てきます。調理してくださる先生方がじょうずなので、みんな「美味しい」「なすそのものの味というより料理がうまい」と。

以下市場の資料から引用
■巾着なすKinchaku01
・品種:在来種
・産地:新潟県
・生産者:長岡中央
・特色:丸形で大きく果肉がしっかりかたく、蒸かしても、煮付けても、炒めてもおいしい。

■梨なすNasi_nasu01
・品種:在来種
・産地:新潟県
・生産者:長岡中央
・特色:洋なしのようなカタチから、この名前がつきました。皮も実も柔らかく、うまみがストレートに伝わる。浅漬けがおすすめ。

■青なすAo_nasu01
・品種:在来種
・産地:埼玉県
・生産者:全農埼玉
・特色:皮目がしっかりしている。煮くずれしにくい。

■焼きなすYakinasu01
・品種:在来種
・産地:新潟県
・生産者:ケイアール
・特色:焼いたときに香りがある。甘みがある。食感としてはもっちりしている。

■小国十全なすJuzen01
・品種:在来種
・産地:新潟県
・生産者:JA柏崎
・特色:旧十全村の地名が名前の由来。漬けなす。肉質がしまっていながら、やわらかく甘い。

■肥後むらさきHigo01
・品種:交雑品種(No60×熊本L4-4)
・産地:熊本県
・生産者:熊本農業センター
・特色:

■京しずく 資料なしKyosizuku01
・品種:不明
・産地:京都
・生産者篠ファーム
・特色:不明

■薄皮丸なす ※山形県の資料Usukawa
・品種:在来種?
・産地:山形県
・生産者置賜地区
・特色:丸なすの文化が受け継がれてきた置賜地域で、50年前ほどから作られてきた。20~35g程度の小なすとして収穫し、皮が薄いのが特徴で、主に浅漬けとして利用。旬の時期の一夜漬けは各家庭に欠かせない漬けもの。

■シチリアなす ※資料なしSicillia01
・品種:イタリア種
・産地:茨城県
・生産者:後藤農園
・特色:ラタトゥイユなど煮ものに向く。レストランで評価が高い。

■ピンポンなす ※篠ファームの資料Pinpon02
・品種:タイ種?
・産地:京都
・生産者:篠ファーム
・特色:タイなど東南アジアで料理によく使われるタイプ。果肉がしっかりしているので、炒めものや煮ものにおすすめ。

|

« 幸水も豊作すぎ? | トップページ | 八百屋塾 枝豆 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42298926

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 なす:

« 幸水も豊作すぎ? | トップページ | 八百屋塾 枝豆 »