« 道法自然 | トップページ | 白ゴーヤー »

2008年8月 4日 (月)

「プチぷよ」というトマト

Putipuyo RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)キッチンガーデンクラブの例会。渡辺採種場の渡邉穎悦社長は、お話だけでなく、新しいトマトを持ってきてくださいました。
真っ赤で丸くて、かわいくて、トマトというよりお菓子みたい。

「果皮がやわらかいので、当初“ぷよぷよ”という案が出ていたのですが、すでに使われている名前だというので、“プチぷよ”になるのではないか」とのこと。

Putipuyo02 Putipuyo06
試食してみました。ふつうミニトマトって、果皮がかたくて口に残るのが気になりますけれど、確かに“プチぷよ”の果皮はやわらかくて、果肉といっしょに違和感なく食べられます。甘みも酸味もしっかりした味のトマトでした。本格的に出てくるのが楽しみです。

|

« 道法自然 | トップページ | 白ゴーヤー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42058477

この記事へのトラックバック一覧です: 「プチぷよ」というトマト:

« 道法自然 | トップページ | 白ゴーヤー »