« 枝豆、漬けたり、浸したり。 | トップページ | [野菜の学校]スプラウト »

2008年9月23日 (火)

[野菜の学校]ベビーリーフ

Ookuma_engei011 [野菜の学校]9月のテーマはベビーリーフとスプラウト。三郷でベビーリーフを水耕で栽培している、オオクマ園芸の大熊正道さんがお話をしてくださいました。

食べくらべたベビーリーフは3種類。
■ベビーリーフ01babyleaf_simota01
・産地:霜多ファーム
・特色:土耕栽培 ※大熊さんのお話では、砂耕に近い土耕とのこと。

■ヘビーリーフ ハーブMIX02babyleaf_sb02
・産地:茨城 S&B食品
・特色:土耕栽培

■ベビーリーフ03babyleaf_ookuma02
・産地:埼玉県 三郷 オオクマ園芸
・特色:水耕栽培

水耕と土耕の食べくらべ。受講生に、いくつかのグループに分かれて意見を発表してもらいました。土耕のほうが味が濃い、というグループが多かったのですが、あまり違いがわからないというグループも。私もあまり違わないという感じがしました。

オオクマ園芸の新タイプベビーリーフも持ってきてくださいました。
■チャイルドリーフ13childleaf02
葉っぱがベビーリーフよりも大きいので、「チャイルドリーフ」。スーギーマーケット紀伊国屋の要望で作っているそうです。パッケージも大きくなってしまうので、考え中とか。

■ミニリーフ15minileaf01
葉っぱがベビーリーフよりもより小さいもの。ホテルやレストランからのオーダーで作っているとのことです。

■和風ベビーリーフ14wafu01
赤じその香り。確かに和風ドレッシングに合いそう。

私が興味があったのは、この小さな葉っぱをどうやって収穫するかということ。尋ねてみると、機械を使っているところは少なく、ほとんどのところが手詰み。大熊さんのところではアルコール消毒したはさみを使っているそうです。ベビーリーフは高い。でも、手で摘んでいるのでは仕方がないかと思いました。

|

« 枝豆、漬けたり、浸したり。 | トップページ | [野菜の学校]スプラウト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(西洋野菜)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント


リーフ野菜を拝見しました。
栽培に植物酵素はお使いでしょうか。
当社では80年にわたり土作りに取り組んでおりまして、有機資材使用した場合に肥料効果を向上させる事に植物酵素が作用します。
主に北海道におきましては、トマト、豆、馬鈴薯、葱、パセリ、水菜、水稲に使用していただいております。
御社の栽培に当社の「惣作酵素」がお役に立つことが出来ればと思いまして送信させていただきます。
ご高察下されば幸甚に存じます。

投稿: アマノ酵素 会長天野高男 | 2009年6月 8日 (月) 11時03分

■天野高男さま
ご案内ありがとうございます。
わたくしは食べるばかりで
栽培はいたしておりませんが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クサマヒサコ | 2009年6月 9日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42564141

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校]ベビーリーフ:

« 枝豆、漬けたり、浸したり。 | トップページ | [野菜の学校]スプラウト »