« 埼玉青なす | トップページ | にたきこま »

2008年9月 7日 (日)

京しずく

Kyo_sizuku01 8月の八百屋塾に登場した、京都・篠ファームのなす「京しずく」。「ゼブラ」といわれるなすと似ているけれど、大きさが違うのかしら。ちなみに、写真の京しずくの重さは270g。

ウェブに、2008年7月17日(木)京都新聞の記事がありました。

ナス「京しずく」の出荷始まる
南丹・農芸高のブランド商品 
 赤紫と白の流線模様が美しいイタリアのナスの出荷が16日、農芸高(京都府南丹市園部町南大谷)で始まった。生徒たちが昨年来、栽培に取り組み、同高のオリジナルブランド商品として主に関東で高級食材として販売、評判も上々という。生徒は「イタリアの大地を想像させる鮮やかな色と味を楽しんで」と話している。
 リスターダ・デ・ガンディアという品種。長さ10センチ、重さ250グラム前後と日本のナスより大きいが、食感は柔らかくて甘みが強く、素揚げやオリーブオイルでいためて食べると「絶品」という。
 国内での栽培例はほとんどなく、農産バイオ科の生徒が、亀岡市馬路町の農産物企画加工会社「篠ファーム」から種を譲り受けて昨年から栽培を始めた。昨シーズンは高級志向が強い東京をターゲットに同社を通して販売し、関東の大手百貨店の高級食材店などに並んだ。イタリア料理店や割烹(かっぽう)店から引き合いも多く、品薄で断るほどの人気だったという。生徒が「京しずく」と名付け、今年2月に商標登録された。

Kyo_sizuku03_2 へーえ、いまの農芸高校はオリジナルブランド商品をもっているのか。でもって、これはその高校生たちが作ったなすなんだ。品種名は「リスターダ・デ・ガンディア」。「京しずく」ってネーミングはその子たちなのかぁ、なるほどぉ。

Kyo_sizuku05 切ってみるとタネが目立ちます。収穫してから時間が経ってるのかもしれない。で、皮をむいてチンしてみました。果肉は柔らかくてクセがなく、おいしくいただきました。

これ、ちょっと千葉の「白なす」の色違いみたいだな。Siro_nasu02

|

« 埼玉青なす | トップページ | にたきこま »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42402776

この記事へのトラックバック一覧です: 京しずく:

« 埼玉青なす | トップページ | にたきこま »