« 福耳とうがらし | トップページ | キノス »

2008年9月 1日 (月)

インカのとうもろこし

Incas_food01_2

八百屋塾の運営委員の方が、変わったとうもろこしを持ってきてくださいました。冷凍のインカのとうもろこしです。とても大粒。日本にあるとうもろこしの倍ぐらいはあるんじゃないかな。

Incascorn01_2 入っていた袋と残ったとうもろこしをいただいてきて、おうちで写真を撮りました。袋には、「INCA'S FOOD(インカの食べもの)」という文字とインカっぽいイラスト。この像はインカの神様かなぁ。「白とうもろこし2本。冷凍保存」と。
袋の裏には、日本語の小さなラベルが貼ってあった。

  • トウモロコシ ホール
    ・品名:冷凍野菜
    ・原材料:トウモロコシ
    ・内容量:427g
    ・原産国:ペルー
    ・賞味期限:別途記載
    ・輸入者:NATURANDES貿易(有)
    栃木県宇都宮市

Incascorn02 八百屋塾でチンしたものの残り。水分は少なく、かたく粉質ですが、皮と軸に近い部分はやや粘質のような歯触り。味はほとんどありません。これ、どうやって食べるんだろうか。スープにしても味が出るとは思えない。炒めて味をつけたらいいかも。

「とうもろこしの栽培は、およそ8000年前にメキシコで始まったらしい」と『世界を変えた野菜読本』(晶文社)にはあります。「古代マヤ族は、若いとうもろこし神をあがめていた」とも。これは当時のとうもろこしとは違うのでしょうが、時間と空間を超えて届いたものがいま目の前にあるような、不思議な気がしたのは、パッケージに描かれたインカのイラストのせいだろうか。

|

« 福耳とうがらし | トップページ | キノス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42344106

この記事へのトラックバック一覧です: インカのとうもろこし:

« 福耳とうがらし | トップページ | キノス »