« 「かおり」という梨 | トップページ | [野菜の学校] じゃがいも »

2008年10月13日 (月)

10月の陽子ファームから

Yoko_farm01 陽子ファームでは、天候不順と虫に悩まされる日々が続いているようです。端境期に重なり苦労している、というお手紙が入っていました。

届いた野菜は

  • 青梗菜
  • ルッコラ
  • 間引きだいこん
  • 間引きにんじん
  • ピーマン
  • いんげん
  • さといも
  • まいたけ

お手紙には、陽子ファームの野菜を使っている料理人の方からの、さといもの簡単皮むき情報もありました。
「沸騰したお湯にさといもを2、3分入れて、その後冷水で洗うと、つるっと簡単に皮がむける」のだそうです。私は皮ごと蒸してから煮たり冷凍したりするのですが、今度じか煮するときにやってみよう。

Yoko_farm06  このまいたけ、ことし初収穫の原木育ちだそうです。「最高の出来」とヨウコさん。さといもとまいたけ…。芋煮なべが食べたくなった。

Yoko_farm03面白い形のピーマン。肉厚でしっかりした果皮です。キミたち、ちょっとトマピーに似てるね。

|

« 「かおり」という梨 | トップページ | [野菜の学校] じゃがいも »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

陽子ファーム」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

本日、六本木・赤坂方面を散歩中、東京ミッドタウンで「秋の日本の採れたて市」という催物に偶々出会い、青森のニンニク、北海道のタマネギ、千葉のトマトなどを仕入れてきました。

帰宅してミッドタウンのHPを見て気付いたのですが、「陽子ファーム」の出店者のリストに入っていました。

投稿: grahams | 2008年10月13日 (月) 21時42分

■grahamsさん
こんにちは。
ミッドタウンのホームページ、見ました。
昨日までの催しなんですね。
私の事務所から歩いて行ける距離ですが
終わってしまったのね。
残念!

投稿: クサマヒサコ | 2008年10月14日 (火) 18時11分

草間さん今日は

この小型のカラピ-マンはおそらく サカ夕の夕ネが出している、セニヨリ-夕と云う品種のピ-マンと思われます。

2OO4年に北足立八百屋塾で行なった、サカ夕の夕ネ掛川試験農場の見学会で、江澤先生と-緒に見て来ました。

その後当店でも販売していましたが、最近は市場に出回って来ません、

小型で何色もセッ卜で売れるので使い勝手が良いのに、と思いますが、、、なかなかJAが導入してくれない様です。 いつも楽しみに見ています、勉強になります
杉本 晃章

投稿: 杉本晃章 | 2008年10月16日 (木) 13時33分

■杉本さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
このピーマンは「セニョリータ」というのですね。
生のままカットしてサラダに入れてもおいしいし、
色もサイズも使い勝手がいいと思いました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クサマヒサコ | 2008年10月17日 (金) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42770414

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の陽子ファームから:

« 「かおり」という梨 | トップページ | [野菜の学校] じゃがいも »