« 新ばし 笹田 | トップページ | エリンギとバイリング »

2008年10月 7日 (火)

和風ベビーリーフミックス

Wafu_babyleaf01 主にホテルやレストランに出荷しているオオクマ園芸。その和風ベビーリーフミックスをいただきました。資料によると、ターサイ、エゴマ、サラダみぶ菜、サラダ春菊、ピリカラミズナ、青じそ、赤じそ、わさび菜のなかから、4~6種類ミックスされています。

ベビーリーフは、イタリアの「ミスティカンツァ」がフランスで「ムスクラン」になり、アメリカから日本に入ったといいますから、洋野菜の幼葉のミックス。フランスの野菜管理局?では、ムスクランに入る野菜をヒロハエンダイブ、レタス、トレビス、タンポポ、エンダイブ、ルコラ、マーシュの7種類と決めているそうです。
この7つの野菜は、ミックスされたタネを一度に播く「混播」という栽培方法で育てるときに、同時期にタネを播いて同時期に幼葉を収穫できる野菜、という観点から選ばれている、と聞きました。野菜は種類によって、気温、湿度などの好みが違いますから、成長の度合いが同じにはならない。この7種類も日本で作ると、同時期に収穫できるように育つとは限らないそうです。

いま、売られているベビーリーフは別々に栽培し、収穫してからミックスされています。オオクマ園芸の大熊さんが「規定はない」とおっしゃるわけで、和の野菜をミックスさせた和風ベビーリーフミックスも、自由な発想から生まれたもの。しその香りがしょうゆ系のドレッシングによく合います。

オオクマ園芸の「和風ベビーリーフミックス」に入っている野菜たち。
※説明はオオクマ園芸の資料から引用。
■ターサイ↓Salada_tasai03  
葉は丸く、濃い緑色で、肉厚なのが特徴。見た目がかわいいので、サラダのアクセントにおすすめ。

■サラダみぶ菜↓Salada_mibuna_03
シャキッとした歯触りと若干の芥子のような香りが特徴。ビタミンC、鉄分が豊富な、新しいサラダ素材。

■サラダ春菊↓Salada_shungiku03
和風の香りが特徴。食味は意外なほど甘い。

■ピリカラミズナPirikara_mizuna03
やさしい香り、やさしい辛み。葉の刻みにもやさしさが感じられる。

■青じそ↓Aojiso03
爽快な香りがあり、薬味等に利用される。

■赤じそ↓Akajiso04
癒しの香りが大きなポイント。葉の大きさはマイクロサイズより対応可。

■わさび菜↓Wasabina03
わさびの食感と愛らしい葉の形状が特徴で、和風のサラダ素材に最適。

■エゴマ ※写真なし
独特の香りがやみつきになりそう。

|

« 新ばし 笹田 | トップページ | エリンギとバイリング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(その他)」カテゴリの記事

野菜(西洋野菜)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42711660

この記事へのトラックバック一覧です: 和風ベビーリーフミックス:

« 新ばし 笹田 | トップページ | エリンギとバイリング »