« 10月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校] 栗 »

2008年10月14日 (火)

[野菜の学校] じゃがいも

01danshaku03 10月の[野菜の学校]、テーマ野菜はじゃがいも、旬の野菜は栗。じゃがいもの講師はホクレンの方で、じゃがいもを提供してくださいました。
写真↑は「男爵」 ※解説は大田市場の資料を引用
・北海道 JA今金町
・でんぷん質をたっぷり含んだ品質の良さと、ホクホクとした味わいから「今金男爵」の全国ブランドで知られている。「どっちの料理ショー」やNHKの番組内でも紹介された。

■メークイン↓02mayqueen03
・北海道 JA芽室
・十勝の軽い土が、羽根布団のように優しくいもを包み込むために、芽室町はじゃがいも栽培にとって適した産地。ほんのり甘みがあり、メークインにしてはホクホクとした食感。

■キタアカリ↓03_kitaakari03
・北海道 JAようてい
・煮上がりが早く、煮崩れやすい、食感は滑らかである。サラダ、皮付きで蒸す、粉ふき芋、スープ等に適している。電子レンジ料理に適している、油加工には向かない(ポテトチップ)

■北海黄金↓04tokatikogane03
・北海道 JA芽室
・栗ジャガ芋と呼ばれている。メークインとの掛け合わせの黄金色のジャガ芋、煮物に適していて煮崩れが少なく、食感はホクホクしている。(フライドポテト用の品種)

■マチルダ↓05matilda03
・北海道 JA芽室
・スウェーデンから導入した品種。外観はもっちり、中はホックリ、しながら滑らか。寝かせると味か変化する、甘み、とろみ、美味さが増す。芽が浅く凹凸が少なく皮が剥きやすい。

■レッドムーン↓06redmoon03
・北海道 JA十勝清水
・肉質は糖質で変色は極めて少ない、煮崩れやすい、皮色、肉色を活かした皮付き料理に適する。

■インカのめざめ↓07incanomezame03
・北海道 JA幕別町
・原産地のアンデス地域で高値で取り引きされている小粒種を、日本でも栽培できるように改良してきた品種。濃黄色の果肉で、ナッツや栗に似た独特の風味をもつ。
※重量3個で450g。ということは1個150g。これ、インカのめざめにしては大きすぎじゃないの? という意見が続出。食べくらべの進行役、やまけんこと山本謙治さんも「これがインカのめざめと思ったらマチガイ。ホントはもっとおいしい」と言ってました。確かに味もイマイチだったような…。

|

« 10月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校] 栗 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こりゃインカのひとみだな

投稿: | 2008年10月17日 (金) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42782745

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校] じゃがいも:

« 10月の陽子ファームから | トップページ | [野菜の学校] 栗 »