« 黒柿 | トップページ | 八百屋塾 さつまいも① »

2008年10月27日 (月)

柿の種

Kakinotane01 写真は、柿のタネ2種。左上はフツーの柿、右下は筆柿のタネ。新宿高野で開かれた誕生果教室での講義、余談です。

形がずいぶん違います。フツーの柿のタネはふっくらしているけれど、筆柿のタネは細長い。これがアラレの「柿の種」のモデル、というのですが、「柿の種」の元祖、浪花屋製菓(株)によると、「柿の種」は、たまたま出来ちゃったアラレらしい。
ホームページには、こうあります。

 現在の柿の種を最初に作り出したのは、当社の創業者「故、今井與三郎」でした。
 大正8年、創業当初はウルチ米の煎餅作りでしたが、後に大阪のあられ作りを取り入れ、モチ米を使ったあられを作るようになりました。これが社名「浪花屋」の由来です。
 当時はすべて手作業で薄くスライスした餅を何枚かに重ね、小判型の金型で切り抜いて作っていました。
 ある日、その金型をうっかり踏み潰してしまい、元に直らずそのまま使用したら、歪んだ小判型のあられになってしまいました。
 そんなあられを持って商いをしていたところ、「こんな歪んだ小判型はない。形は柿の種に似ている」といわれ、そのヒントから大正12年「柿の種」が誕生しました。

つまり、筆柿のタネをモデルにして作ったんじゃなくて、失敗作?が似てたってことでしょう。それもよくあるタネの形ではなく、筆柿のタネだった、偶然ね。

|

« 黒柿 | トップページ | 八百屋塾 さつまいも① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42918234

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の種:

« 黒柿 | トップページ | 八百屋塾 さつまいも① »