« ドライブルーベリー | トップページ | れんこんのサブジ »

2008年10月21日 (火)

トマト大集合

Engei2008_thema01 「国内で流通するトマト苗の品種ラベルと実を展示。200品種以上目標」という案内を見て、トマトマニアの御倉多公子さんといっしょに、[園芸トレードフェア2008]に行ってみました。

Engei2008_thema03 200種類なんてないみたいね。
200種類は「目標」だからね。

「トマト名人のセミナー(プロ農家によるレクチャー)」を聞いたのですが、キッチンガーデナー御倉さんの育て方とは相当違う。あたりまえだけど。プロは、どうやって売れる商品を作るかということを、いつも考えているのだということがよくわかりました。
それにしても、トマトの甘さを追求することにまったく疑問符がつかず、酸味=ワルモノみたいに扱われるのは、味覚が幼児的な消費者のせいだろうか。

Engei2008_tuti02 ↑トマト用の土が展示されていました。「フツーの野菜用の土とどう違うの?」と御倉さん。が、明確な答はなかったようです。「企業秘密」のようなニュアンスのブースもありましたが、実はあまり違わないのかもね。

Engei2008_tane_2 ↑「JAがおすすめする~こだわりのタネ! 秋のオリジナル種子」というコーナーもありました。このタネ袋のデザイン、なんかすごい。
「ツタンカーメンは大和農園さんのタネですよね」と御倉さんが聞く。前に、私は御倉さんからツタンカーメンをもらったことがある。あれだ。
「はい、大和さんのです」と係の人。
「ここにあるのは、いろんな種苗会社のタネなんですね」
「そうです」
ふーん。「オリジナル種子」っていうのは…。
伝統野菜の種子もあります。でも、きっとF1。
「おでんだいこん」とか「つけものだいこん」とか「おなべはくさい」と用途が書いてある袋も面白い。「品種名はないの?」と聞くと、係の人も種苗会社のタネなので品種はわからないらしい。へーえ、そうなの。案外みんな品種には興味ないんだ。

|

« ドライブルーベリー | トップページ | れんこんのサブジ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

古い記事へのコメントですみません。
今日初めて、ケーキに乗っていた、マイクロトマトを食べました。
噂に聞いていたのですが、その小ささに驚きました。
(ケーキには合わないなぁ・・味が・・・)

投稿: グーグー | 2009年1月31日 (土) 21時35分

■グーグーさん
マイクロトマトって、けっこう味が濃いんですよね。
どんなケーキかにもよるけれど
なかなか大胆な試みだなぁと思いました。
でも、見た目はいいかもしれませんね。

投稿: クサマヒサコ | 2009年2月 1日 (日) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42857813

この記事へのトラックバック一覧です: トマト大集合:

« ドライブルーベリー | トップページ | れんこんのサブジ »