« 八百屋塾 りんご | トップページ | 七福人参 »

2008年11月 1日 (土)

蔵王かぼちゃ

Zao_pumpkin01 10月の八百屋塾に、参考出品されたかぼちゃ。山形市蔵王地区で作られているので「蔵王かぼちゃ」と呼ばれるのですが、シールの表記は「ざおう南瓜」。Zao_pumpkin03

Zao_pumpkin02 色もフツーのかぼちゃと違うし、おへそが大きくて、形もとてもユニークです。授業が終わったあと分けていただきましたが、「マサカリかぼちゃ」と呼ばれるほど果皮が固く、かぼちゃカッティングに慣れている八百屋さんたちも、けっこうたいへんそうでした。Zao_pumpkin04
下記は、山形県の方からいただいた資料

  • 栽培地域:山形市蔵王地区
  • 栽培面積:0.3ha
  • 生産量:3t
  • 栽培者数:16名
  • 料理方法:煮もの・揚げもの
  • 由来および特性:蔵王成沢の農家が昭和23年(1948年)、旧中川村の実家から種子を持ち込んだのが始まり。果皮色が灰白青色で、へその部分が約10cm程で大きい。マサカリやナタょ使わないと切れないほど固く「マサカリかぼちゃ」とも呼ばれてきた。食味がよくホクホク感があり長期間保存しても風味が落ちないのが特徴
  • 栽培時期:4月後半播種、5月後半定植、9月前半収穫
  • 生産組織:山形市堀田地区の蔵王かぼちゃ生産者
  • 流通状況:地元市場・東京市場・JAやまがた直売所
  • 購入できる場所:JAやまがた・JAやまがた直売所・小売店等

|

« 八百屋塾 りんご | トップページ | 七福人参 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/42970589

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵王かぼちゃ:

« 八百屋塾 りんご | トップページ | 七福人参 »