« [野菜の学校]かぶ | トップページ | [野菜の学校] 食用菊 »

2008年11月17日 (月)

[野菜の学校]かぶ(続)

09hida_akakabu01 [野菜の学校]には、飛騨高山から通ってらっしゃる受講生がいます。先月、11月のテーマ野菜は予定通り「かぶ」と発表したところ、飛騨の赤かぶを送ってくださいました。しかも、赤かぶを使った漬けものを添えて!09hida_akakabu04

■飛騨紅かぶ 09hida_akakabu0209hida_akakabu03

※以下、添えられた資料から
・原産地とされる高山市(旧丹生川村)は、古くは八賀郷と呼ばれ、赤紫色の丸かぶ=八賀かぶが作られていました。
1918年に、この八賀かぶから突然変異で紅色のかぶが発見され、その紅色のかぶから、形が丸く色鮮やかなものを選抜し、飛騨紅かぶが生まれました。統治の秋の冷涼な気候により、柔らかく肥大し、漬けものなどに利用します。
・収穫期は10月上旬から12月上旬まで。
・主な産地:高山市(旧高山市、丹生川村、国府町、上宝村)、飛騨市(旧古川町)

飛騨赤かぶの漬けものはとても素朴で自然な味がしました。
このほか、地方品種、珍しいかぶの仲間も展示。

■温海かぶ13atumi_kabu02
・山形県
・試行色の皮ながら、中みは白色、直径10㎝前後のヨーロッパ型かぶ。肉質は硬く、山形県の山間部の焼き畑で生産される。

■最上かぶ11mogami_kabu01
・山形県産
・最上地方には、このかぶと葉をゆがいて、クルミなどを入れた味噌につけて食べる「みそかぶ」という方法があるのだそうだ。

■青森赤かぶ12aomori_akakabu02
・青森県産
・千枚漬けに使われ、白い果肉が真っ赤になる。

■日野菜かぶ10hinona_kabu01
・山形県産
・名前の「日野」は滋賀県蒲生郡にある地。その名産のアジア型のかぶ。これを漬けものにした「日野の桜漬け」が有名。今回は山形で作られている日野菜かぶ。

■黄かぶ07kikabu01
・静岡県産
・鈴木農園
・皮が黄色いことから黄かぶと呼ばれる。主に北海道にて栽培。サラダの素材、料理の彩り。

■こかぶ(メカブ)06kokabu02
・埼玉県産
・さわの青果
・小かぶのマイクロタイプ、和食、椀種にて使用。

■ルタバガ08rutabaga01
・アブラナ科アブラナ属
・原産地:アジア・ヨーロッパ北部
・ヨーロッパでは食用とともに家畜の飼料にも。日本には明治初年に渡来。当時は主として飼料用。現在は北海道で少量生産されている。

※以上、解説は配付資料、『花図鑑・野菜』(草土出版)、『どこかの畑の片すみで』(山形大学出版会)から。

|

« [野菜の学校]かぶ | トップページ | [野菜の学校] 食用菊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校]かぶ(続):

« [野菜の学校]かぶ | トップページ | [野菜の学校] 食用菊 »