« 八百屋塾 キャベツ | トップページ | かき菜 »

2009年2月24日 (火)

八百屋塾 中晩柑

Tenji_kankitu01 2月の八百屋塾のフルーツは、中晩柑でした。
フルーツのお話は橋本さん。伊予柑やネーブルオレンジなど、かつて人気があった柑橘類の人気が落ちている。その理由は、皮が厚くてむきにくい、むくと手が汚れる、じょうのう膜が厚い、タネが多い…など、味だけではない。昔は値段が高くても売れた。今は安くても売れない、とおっしゃっていました。

■土佐文旦↓A_tosabunta03
・産地:高知県
・特徴:インド北東部原産。中国人の文という俳優の自宅で発見され、文旦と命名される。旦は俳優の意。スペイン語ではザボン。

■八朔↓B_hassaku02
・産地:広島県尾道市瀬戸田
・特徴:広島県因島市の浄土寺境内で1860年頃発見。旧暦の8月朔日(1日)ごろに食べごろになることから命名された。

■種なし日向夏↓C_hyuga05
・産地:宮崎県 JA綾町
・特徴:宮崎市の真方安太郎氏の園地で1820年頃に発見された偶発実生。種なしは、ハウス栽培でジベレリン処理を行ったもの。

■ネーブル↓D_nable02
・産地:広島県
・特徴:ブラジル原産。セレクタオレンジの枝変わり。「ネーブル」はへそのこと。このおへそは大きくない方がおいしい。

■ポンカン↓D_ponkan02
・産地:鹿児島県大里
・特徴:インド原産。インド→中国→台湾→鹿児島という経路で、明治時代に伝わった。

■甘夏↓F_amanatu03
・産地:愛媛県マルエムフルーツランド
・特徴:愛媛の最西南端にあって、温暖な気候とさんさんと南の太陽、足摺宇和海国立公園の潮風。甘夏みかんは、恵まれた自然と人の努力が作り上げた。

|

« 八百屋塾 キャベツ | トップページ | かき菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。野菜と果物について詳しいブログ、興味深く拝見させていただいてます。
中晩柑って、春が来た象徴みたいで大好きです。ひとつ気になったんですが、ザボンは、スペイン語じゃない気がします。スペイン語にはザ行がないんです。ちゃんとした出典を見ていないのでわかりませんが、ポルトガル語?
これからも、おもしろい野菜など、記事を楽しみにしてます。

投稿: sue | 2009年2月25日 (水) 12時10分

■sueさん
ありがとうございます。
なるほど、そうなんですね。
ちゃんと自分で調べずに書いたのがイケマセン。
ザボン、気をつけて探してみます。

投稿: クサマヒサコ | 2009年2月25日 (水) 12時23分

■sueさん
ザボンの語源、わかりました。
以前、[楽しい果物教室]という講座に通っていたのですが、
そのときの講師でいらした間苧谷徹先生の資料に
「ザボンの呼称は、ポルトガル語のZamboaが転化したものであり、Zamboaはスリ・ランカ語のジャムボール(Jambole)に由来するという」
と、ちゃんと書いてありました。
みんな忘れてしまう……。やれやれ、です。

投稿: クサマヒサコ | 2009年2月27日 (金) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/44159122

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 中晩柑:

« 八百屋塾 キャベツ | トップページ | かき菜 »