« 野菜のクッキー | トップページ | なにわ野菜のど飴 »

2009年3月24日 (火)

漆野いんげんの甘煮

Urusino_ingen01 [野菜の学校]修了式後のベジタブルパーティに園芸研究家の御倉多公子さんが取り寄せてくれた、山形の伝統野菜の煮もの。

『どこかの畑の片すみで』(山形大学出版会)には、山形大学農学部助教授江頭宏昌先生が、金山町漆野で漆野いんげんに出合ったときの記事が出ています。

 1939年(昭和14年)村山地方から来た炭の検査員がインゲンの種子を荒木家に寄贈していったのが、漆野いんげんの始まりであるという。しかし現在、村山地方には漆野いんげんのようなインゲンは見あたらないので由来は不明のままである。栽培は……(略)……三代にわたって守り継がれており、種子を維持しているのは荒木家のみである。
 ……インゲンマメは味の点から煮豆用とサヤインゲン用品種が異なるのがふつうであるが、漆野いんげんは両方に利用できるすばらしい系統である。
 完熟しても莢の筋がやわらかいので煮ると莢ごと子実をおいしく食べることができるのが大きな特徴。しかも煮ると莢は透明になり、中の茶色の子実が涼しげに見える。

莢も豆もしっとりとやわらかく、やさしい甘さ。煮ものというより和菓子というほうが近い、品のいい一品です。

|

« 野菜のクッキー | トップページ | なにわ野菜のど飴 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜のスイーツ」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜・果物の加工品」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/44450155

この記事へのトラックバック一覧です: 漆野いんげんの甘煮:

« 野菜のクッキー | トップページ | なにわ野菜のど飴 »