« トマト・ギフト | トップページ | もう、ブルーベリー! »

2009年4月27日 (月)

トマト祭り

Tomatomaturi02 大田市場で「トマト祭り」が開かれると聞いて、出かけました。
正式名称は東京青果主催「第11回 旬の食材提案会 ~トマト祭り~」。
トマトの旬は夏、というのは料理雑誌や番組などと、マスコミによって強化される私たちの記憶、露地で作る家庭菜園。ハウスで栽培されるトマトは、今が旬です。

配布資料をみると全部で93種類のトマト。大玉トマト29、ミニトマト25、ミディトマト12、フルーツトマト24、調理用3。各地から集まったトマトたちが大ホールいっぱいに展示され、中ではスタッフの方が試食用トマトをカッティングしていました。

資料にはそれぞれ、トマトの写真とともに、産地、出荷期間、品種、商品名が一覧になっています。
産地は関東、九州、中部の約20カ所。トップファイブをみてみると、一番たくさんの種類が出ているのは愛知からで16、次が熊本15、3位は千葉11、続いて茨城7、5位は栃木、佐賀、宮崎、長野の4県から揃って5種類出品されていました。
品種名と商品名は、両方入っているもの、どちらかだけしかないもの。
商品名は、その産地のブランドとして定着させようとしておカネをかけているのでしょうから、短期間しか使えない名前ではコミュニケーションコストに見合わない。そこで、長期間出荷できるように複数の品種をつくり、時期によって味が変わっても名前は同じ、ということになります。Tomatomaturi3601
Tomatomaturi3602ときどき話題になる名前の一つは、たとえば「王様のミニ」。

  • 産地・出荷者名:愛知 東三河共計
  • 出荷期間:周年
  • 商品名:王様のミニ
  • 食味に定評のある東三河のミニトマトの中でも、ボリューム感あるLサイズが商品化されました。形態はミニトマトのパッケージとしては珍しいジップロック付のスタンドバッグです。

と資料にあります。周年出荷できて品種が公表されていないということは、複数の品種が混じっていて、食味が変動する可能性があるとも考えられるわけです。
ちなみに、25種類のミニトマトのうち、品種が不明なものは約半分。

  • 優糖星(和歌山・みなべいなみ産/11~6月出荷)
  • NANAとまと(高知・はちきんクラブ産/12~6月出荷)
  • 安曇野ルビー(長野・ストレイトウェイ産/ほぼ周年出荷)
  • トリニティ(長野・ストレイトウェイ産/ほぼ周年出荷)
  • スイートハート(長野・ストレイトウェイ産/ほぼ周年出荷)
  • ちびちゃん・ポックル(愛知・愛知みなみ/10~6月出荷)

品種名も商品名もないものがいくつか。

  • 千葉・さんぶ野菜産/周年出荷
  • 愛知・豊橋南部/9~7月出荷
  • 宮崎・尾鈴産/11~6月出荷
  • 千葉・千葉産直センター/2~5月出荷

|

« トマト・ギフト | トップページ | もう、ブルーベリー! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/44808693

この記事へのトラックバック一覧です: トマト祭り:

» ベランダ菜園 [ベランダ菜園]
ベランダ菜園初心者ですが、ミニトマトから育てたいですね。ベランダ菜園について♪ [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 19時54分

« トマト・ギフト | トップページ | もう、ブルーベリー! »