« 山菜ときのこ | トップページ | 笹たけのこ水煮 »

2009年5月17日 (日)

山菜ときのこ(続き)

Agitake02_2 長野県中野市にある「オランチエ」から届いた山の幸。
写真↑はあぎ茸

  あぎ茸↓Agitake03_2
栽培しているのは中野市の竹内秀治さんというきのこ農家
ネット情報によると、あぎ茸は「中国やイタリアなどが原産とされる」きのこで「ヒラタケの仲間。傘がシイタケ、軸がエリンギに似ている。うま味の基となるグルタミン酸などが多く含まれ、さまざまに調理できる」。
なるほど、茶色いエリンギ風。今年販売が始まった最新きのこです。

白霊茸↓Hakureitake02_4
バイリングとも呼びます。遺伝子的にはエリンギと同じ種類

白霊茸の赤ちゃん?↓Hakurei_small02_2 Hakurei_small03_2 
パッケージに「白霊茸」というラベルが貼ってありました。ということは、↑が小さい頃はこんな姿なのかしら。

柿の木茸↓ Kakinokitake04_2
野生の茶色いえのきを栽培したもの。

なめこ↓Nameko02_2
これだけきのこが揃ったら、やっぱりきのこ鍋です。

箱にはなすも入っていました↓ Nasu03_2 Nasu06_2
丸っこい姿にとても立派なトゲ。わーい!なすの季節だ!!

|

« 山菜ときのこ | トップページ | 笹たけのこ水煮 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(きのこ)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/45037007

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜ときのこ(続き):

« 山菜ときのこ | トップページ | 笹たけのこ水煮 »