« ランチの野菜度-044 伊勢丹「キッチンステージ」 | トップページ | コメ絞り手ぬぐい »

2009年5月26日 (火)

江戸野菜の版画

Edo001yanaka 各地で伝統野菜を掘り起こす動きがありますが、最近特に江戸・東京野菜が目立つような気がする。私は東京に住んでいるし、江戸文化が好きだし、なんかワクワク。
野菜友だちとそんな話をしていたら、その人のお友だちのお友だちが江戸野菜の版画を作っているといいます。
あ、それ見たい。江戸野菜の本が作りたいんだ。
というところから話がどんどん進んでいき、その版画が飾ってある江戸東京博物館7階の「桜茶寮」というレストランで、作者、夢助さんにお目にかかることができました。
上の版画は、谷中生姜。江戸野菜のなかのトップスター的存在。

伝統野菜に惹かれるのは、物語や歴史があるからです。野菜ですから、もちろん食べるために作られたのですが、薬になったり、家庭行事や神事に使われたり…。「土地に伝わる知的財産とセットになっている」とは、山形在来作物研究会の江頭宏昌先生のお言葉です。
たとえば、谷中しょうがはお盆のあたりに収穫する葉つきのしょうがです。かつて作られていたのは、墓地のあるあたりではなく、JR山手線・京浜東北線をはさんで反対側の日暮里。大正時代まで、日暮里駅付近では谷中しょうがが売られ、土地の農家や商人、お坊さんなどが、お中元などのギフトに使ったといいます。今でも青果市場のプロは、葉つきしょうがのことを「葉つき」とも「しょうが」ともいわず、ただ「谷中」と呼んでいます。

■亀戸大根↓Edo002kameido
とても美しい春の大根。3月頃に都心のデパートにも登場することがあります。亀戸に農地はなくなり、お料理屋さん「枡本」の大根あさり鍋に入っている亀戸大根は、亀戸の近郊だけでなく、茨城、千葉、季節によって長野、北海道で作っているそうです。
下記は、以前、亀戸大根のお祭りに行ったときのメモです。
亀戸大根↓
http://www.wordsworks.co.jp/vege/webmaga/depa/depa_027.htm
福分け祭り↓
http://www.wordsworks.co.jp/vege/webmaga/depa/depa_028.htm

■府中真桑瓜↓Edo003huchu
子どもの頃、まくわうりを食べた記憶があります。それほどおいしいと思わなかったけれど、江戸時代にはその甘味がとても喜ばれた。その「水菓子」を作る将軍家の畑「御瓜田(ごかでん)」が府中にありました。
世の中にスイカやメロンが登場し、まくわうりは退場してしまったのですが、府中市では、消えてしまったまくわうりを小学校と市民農業大学で復活させる試みが行なわれているそうです。

この3月、夢助さんは、葛飾区にある山本亭という歴史的建造物で「夢助・江戸野菜版画展」を開きました。来年も桜の季節に開く予定があるとか。
もちろん、江戸東京博物館の「桜茶寮」に行けば、いつでも見ることができます。

|

« ランチの野菜度-044 伊勢丹「キッチンステージ」 | トップページ | コメ絞り手ぬぐい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜のアート&クラフト」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/45133894

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸野菜の版画:

« ランチの野菜度-044 伊勢丹「キッチンステージ」 | トップページ | コメ絞り手ぬぐい »