« 八百屋塾 トマト(続々) | トップページ | 小玉スイカ、味良来(ミラクル) »

2009年5月 4日 (月)

八百屋塾 セロリ

Celey_ito02 セロリは年中売り場にあるので、いつが旬かということはあまり意識しないのですが、4月から5月の初旬、ちょうど今ごろです。東京江戸川区の伊藤農園、茨城の惚れぼれブランド、それに清瀬、と3つの産地から、セロリの株がドンと届きました。
茨城県から持って来てくれた、セロリ農家のお話によると「セロリは新鮮さが命。食べるのは畑から近いほどいい」そうです。新鮮なセロリは筋を取る必要はない、とも聞きました。
前に伊藤農園のセロリを食べたとき、「香りがやさしくてぜんぜんセロリっぽくない」と思いましたが、今回は茨城産のものもそうでした。人によっては苦手な、セロリ特有の香りは、時間が経つにつれて強くなるのかもそれない。 

■伊藤仁太郎さんのセロリ↓Celey_ito01_2
江戸川区の伊藤農園で作っている有名なセロリ。伊藤仁太郎さんは栽培を始めて52年、「46年間日本一の評価が続いている」そうです。「昔からおいしい菜類ができる荒木田土壌に大量の腐葉土と油かすで造り、農薬は最小限で栽培」とチラシにありました。

■茨城のセロリ↓Celey_ibaraki02
茨城から届けてくれた生産者の方は、セロリ作りを伊藤仁太郎さんに教わったといいます。「日本でセロリを作っている人の多くは、伊藤さんの教え子ではないでしょうか」と。

■清瀬のセロリ↓Celey_kiyose02
こちらも伊藤さんのお弟子さんが作ったセロリ。清瀬の八百屋さん石山由美子さんのお店では、この株ごと売れるのだそうです。

|

« 八百屋塾 トマト(続々) | トップページ | 小玉スイカ、味良来(ミラクル) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/44890639

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 セロリ:

« 八百屋塾 トマト(続々) | トップページ | 小玉スイカ、味良来(ミラクル) »