« プリモルジョ | トップページ | 無臭にんにく »

2009年7月27日 (月)

レイニア・チェリー

Rainer01 フルーツ売り場にすごく大粒のさくらんぼがありました。アメリカ産の「レイニア」という品種です。

Rainer02_2 英語のウィキなどによると、レイニアは1952年、ワシントン州立大学で、Harold Fogleによって作られた、ビングとヴァンの交配種です。
栽培は非常にデリケートで、温度の変化、突然の風や雨によって、日ごと、時間ごとに変化します。「神さまとポーカーゲームをしているようなもの」らしい。でも、そんなふうにして育てても、果樹園の1/3は鳥に食べられてしまうのだそうです。

Rainer03 重さは15~19g。物差しの上に大きそうなものをいくつか選んでfのせ、いちばん太いところを測ったら、35~40mm。やはり大きい。色は日本にさくらんぼよりやや淡いけれど、皮も実もしっかりしています。歯を入れるとプツンと果皮が割れて、とても甘い果肉。タネは案外小さく、可食部分の割合が多い。果肉の色はクリーム色です。

|

« プリモルジョ | トップページ | 無臭にんにく »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梅・桃など)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/45753255

この記事へのトラックバック一覧です: レイニア・チェリー:

« プリモルジョ | トップページ | 無臭にんにく »