« 無臭にんにく | トップページ | 相模半白 »

2009年7月29日 (水)

カイラン

Kairan01 自然栽培のカイランです。青梅線羽村のスーパーマーケット「福島屋」でみつけました。作ったのは、青森県の福士英雄さん。

Kairan02 先日、福士さんにお目にかかる機会があり、福島さんから「青森県の農業のリーダー的存在」と紹介されました。
「穴だらけだったでしょう」と福士さん。
「はい、かわいい虫もいました。でも自然栽培ですから」とクサマ。
ベーコンと炒めていただきました。さすがに確かな味です。

カイランを調べてみました。以下は『花図鑑・野菜』(草土出版)

  • 分類:アブラナ科アブラナ属
  • 原産地:中国南部~東南アジア
  • 別名:チャイニーズケール
  • 和名:カランチョウ
  • カイランという名は、農林水産省の統一名称である。中国では介藍、介藍菜と呼ばれている。
    中国華南地方や台湾、マレーシア、インドネシアなどの熱帯地方で栽培され、暑さに強く、栽培も容易である。カイランはキャベツやブロッコリーの仲間であるものの、結球はしない。……若い芽と先端につくつぼみが食用となる。
    葉にはやや苦みがあるが加熱すると変え、茎はやや甘め。広東料理には欠くことのできない中国野菜のひとつである……。

|

« 無臭にんにく | トップページ | 相模半白 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/45773675

この記事へのトラックバック一覧です: カイラン:

« 無臭にんにく | トップページ | 相模半白 »