« 8月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾 かぼちゃ(続) »

2009年8月11日 (火)

八百屋塾 かぼちゃ

Tenji02 7月の八百屋塾の勉強品目は、かぼちゃ、枝豆、桃。
かぼちゃは、展示も含め10種類以上、ズッキーニ7種類、枝豆4種類、それに桃も並び、満席の受講生とたくさんの野菜で、教室はすごい熱気です。かぼちゃのお話は、みかど協和の飯野芳治さんでした。八百屋塾準備委員会が用意したかぼちゃ10種類のほか、講師が持って来てくださった物も展示。そのうち5種類を和風煮で食べくらべました。
上の写真は床まで使ったかぼちゃの展示。

※以下は市場の参考資料から
■みやこ↓01miyako01
・産地:神奈川県 三浦市農協
・園研育成、販売はサカタ。えびすよりや や小ぶりで粉質が強い。神奈川JA三浦市の「みやこ」は、こだわりかぼちゃとして入荷。えびすと並ぶ西洋系主力品種。

■ET↓02et_02
・産地:茨城県 Nマーク
・園研育成品種。イーは園研(E)、ティーは栃木(T)の略。みやこと栃木烏山の中山南瓜との交配から生まれた粉質のかぼちゃ。ややとがったハート形のようになる。

■きぬ名栗南瓜↓04kinunaguri01
・産地:茨城県 北つくば結城
・トキタ種苗育成費君主。‘みやこ’と‘ほっこり’の掛け合わせ。豆のような口溶けが最大の特徴。見た目にも黒々として光沢がある。

■ほっとけ栗たん ※写真なし
・産地:福島県 南部営農C
・渡辺採種場の新品種。皮に光沢があり非常に肉厚で強粉質。ネーミングは、放っておいても(ほっとけ)、短期間で(たん)、栗風味のかぼちゃ、というところから。「ブランドニッポン」プロジェクトの開発品種。

■黒皮↓05kurokawa01
・産地:千葉県 いんば農協・佐倉
・在来種の日本かぼちゃで、篤農家が持っていた品種。現在は生産者も入荷も少ない。肉質が粘質でねっとりした味わいがあり、煮くずれしない。

■そうめんかぼちゃ↓06somen01
・産地:岡山県 瀬戸内農協・牛窓
・金糸瓜、なます瓜とも呼ばれるペポかぼちゃ。外皮は硬く食べられない。淡黄色の果肉はゆでるとそうめん状にほぐれ、シャキシャキとした食感で、酢のものや漬けものに適する。

■コリンキー↓07corinky01
・産地:神奈川県 三浦市農協
・鮮やかなレモン色、やわらかく皮ごと食べられる未熟果を利用。歯ざわりがよく、クセがないので、生のままスライスしてサラダ、浅漬けに。ジャムにしてもおいしい。

■坊っちゃん↓08bocchan01
・産地:熊本県 JA熊本市・北部
・みかど協和育成品種。肉質は粉質で甘味が強いミニかぼちゃ。まるごとラップで包み、電子レンジ6~8分で火が通る。形をいかし、詰めもの料理やプリンにもむく。

■打木甘栗かぼちゃ↓17utugi_akagawa01
・産地:石川県 JA石川

■鹿ヶ谷↓ 21sisigatani01
・産地:京都府 全農京都

|

« 8月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾 かぼちゃ(続) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/45894277

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 かぼちゃ:

» 更年期障害 食事 [更年期障害 食事]
今まで更年期障害とは女性特有の症状と考えられていました。 しかし、最近になって男性にも更年期障害があることが判ってきました。 男性の更年期障害の原因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少によって起こります。テストステロンは30歳頃から減少を始めて、40代中頃を過ぎると、男性更年期障害の症状が現れ始めます。 加齢と共に精巣の機能が衰えて、60歳になると40歳の時と比べてホルモン量が25%ほど減るという研究結果が�... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 13時41分

« 8月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾 かぼちゃ(続) »