« 野菜を見分けるコツ百科 | トップページ | チャオベッラ »

2009年8月28日 (金)

尺五寸菜豆

Shakugosun01_2 青梅線羽村にある食品スーパー「福島屋」の自然栽培コーナーで、ボードに「尺五寸菜豆」と書いてあった豆です。

Shakugosun02 尺五寸菜豆って何だろう。見た目はインゲンに似ているけど、古い品種なのかな?と思い、ちょっと調べてみました。ウェブや手元の本にあった名前の関係は

  • 菜豆=ササゲ
  • 菜豆=インゲンマメ
  • 青莢尺五寸菜豆=どじょうささげ、十六ささげ、二八豆
  • 尺五寸インゲン=ドジョウインゲン、ケンタッキーワンダー

インゲンマメと十六ササゲは別物、という記事もあり、その辺はどうなんだろうと思い、『日本の野菜』(青葉高著・八坂書房)をみてみました。

  • この本では、「インゲン」と「ササゲ」は別項目になっていて、本来は別のマメ。
  • インゲンの名はこのマメをわが国に伝えたとされるインゲン禅師の名にちなんでいる。
  • インゲンの関西の地方名はサンドマメ、あるいはササゲ。関西でインゲンマメと呼ばれるのはフジマメ。
  • サンドマメ、ニドマメあるいはニドナリ、サンドナリと呼ぶのは関西ばかりでなく、東北、中国、四国地方などにもある。
  • 北海道と東北地方ではインゲンマメをササゲと呼び、本来のササゲはアズキササゲ、セキハンササゲなどと呼ぶ。
  • 中部地方や西日本にもインゲンマメをササゲと呼ぶ地方がある。
  • ケンタッキーワンダーは莢の形からドジョウインゲン、尺五寸インゲンと呼ぶ。

要するに尺五寸菜豆は、別名「尺五寸インゲン」「ドジョウインゲン」「ケンタッキーワンダー」といっていいらしい。
筋をとって蒸し茹でにしておき、炒めて食べました。

|

« 野菜を見分けるコツ百科 | トップページ | チャオベッラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46049989

この記事へのトラックバック一覧です: 尺五寸菜豆:

« 野菜を見分けるコツ百科 | トップページ | チャオベッラ »