« 八百屋塾 レタス | トップページ | ランチの野菜度-053 丸の内「アンティーブ」 »

2009年9月25日 (金)

八百屋塾 レタス(続)

Howto 9月の八百屋塾の勉強品目はレタスでした。いわゆるレタスだけでなく、サラダに使う野菜のいろいろも登場。
写真は、「八百屋の匠」杉本晃章さんがレタスの芯の抜き方を実演しているところ。「こうすると外葉から食べるのではなく、最初から外と内側の葉をいっしょに食べられる」。確かに外葉と中のほうの葉は、色だけでなく、食感や風味が違いますものね。

※以下は配付資料から引用
■リーフレタスミックス(ベビーリーフ)↓09leaflettucemix02
・産地:茨城 S&B食品
・品種:イタリアナ
・特徴:赤からし菜、水菜、からし水菜、わさび菜、マスタードグリーン、レッドアジアンマスタード、ルッコラ、パセリ、イタリアンレッド、チコリ、イタリアンパセリ等。

■ルバーブ↓10rhubarb01
・産地:長野 JA洗馬
・品種:ルバーブグラスキングバーベチュアル
・特徴:タデ科、カラダイオウ属。和名を食用大黄。肉類の消化を助ける働きが認められる。整腸作用あり、サラダやデザートとして使われる。

■エンダイブ↓11endive01
・産地:長野 JA洗馬
・品種:グリーン・カールド
・特徴:キク科ニガナ属。食物繊維の多い野菜。外側の緑色にカロテンが豊富。便秘予防、美肌効果、むくみ解消。苦みが強いので、内側に日光を当てない軟化栽培で栽培する。、

■トレベス↓12trevice01
・産地:アメリカ
・品種:不明
・特徴:キク科キクニガナ属。トレビッツ、トレビーツ。「ヴェローナ」の結球タイプがトレベスと呼ばれる。少し苦みがある。
※この解説、よくわからないところがあります。

■チコリ↓13chicory_w01 13chicory_r01
・産地:ベルギー、オランダ
・品種:チコリー(エンダイブ)・ウイットルーズーム
・特徴:キク科コガナ属。仏名アンデーブ、英名チコリ。和名キクニガナ。食物繊維、カリウムを含む。便秘改善、消炎、強壮作用、利尿作用、貧血症などに作用する。できるだけ白いものを選ぶといい。赤芽チコリもある。

※以下は配付資料に記載なし
■ブーケレタス↓14bouque01
・千葉市の「葉っぱや」という農産物の生産・販売をする会社のラベルが貼ってあります。そのホームページによると

ブーケレタスは、ヨーロッパの一部の地域で栽培されていた非結球レタスの品種が改良されたものです。土壌栽培による非結球レタスの栽培では、芯に近い部分の葉と葉の間に土埃が入りやすく、食べにくくさせる一つの要因でした。まさに水耕栽培に適したこの品種に、葉っぱやの水耕栽培の技術を活かし誕生したのがブーケレタスです。そして、葉の形状が花嫁が結婚式で手にする「ブーケ」に似ていることから「ブーケレタス」と命名しました。

てことは、「ブーケレタス」は葉っぱやの商品名です。
このパッケージがなかなか優れもので、「これに入れて冷蔵庫に保存すると長持ちする」と聞いてやってみたら、確かに。

■アイスプラント↓Iceplant01 Iceplant03
・茨城県 JAなめがた産
・パッケージには、次のように書いてあります。

ヨーロッパの高級食材を茨城県で栽培しました。ほんのり塩味がして、海ぶどうに似た不思議な野菜です。サラダに、天ぷらに。

バラフプッチーナとほとんど同じ野菜のように見えます。権利や商標登録の関係から、タネの出所が違い、名前も違うようです。

■グラパラリーフ↓Graparaleaf02
・産地不明。「アグリアシストジャパン㈱という会社が国内生産している」という記事がありました。
・いくつかのサイトの解説をまとめてみると

  • 南米原産。ベンケイソウ科。肉厚の葉が花びらのように広がっている多肉植物の一種。食用に品質改良され、千葉県や秋田県で栽培され、主に首都圏の大手スーパーで販売されている。
  • サラダなど、生食したり、ジュースやシロップ漬けなどに。
  • 噛むと青リンゴのような食感、酸味がある。
  • カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く、健康効果が高い。

■マスタードリーフ↓Mustard_leaf02
・産地:茨城県 霜多ファーム
・パッケージの解説

葉に独特の辛みがあります。夏や食欲のないときなど、若い葉をサラダにしてピリッとした風味を楽しみましょう。ホットドッグやサンドイッチにはさんだり、花や葉をおひたしにして和食などに。ステーキなどのつけ合わせにも。

以前に霜多ファームに行ったとき、マスタードリーフで包んだおにぎりをいただいたことがあります。マスタードリーフはちょっと塩をしてしんなりさせたと聞いた記憶がある。ピリリとした香りと味がとてもおいしいおにぎりでした。

■スイスチャード↓Swisschard
・産地不明。
・フダンソウの仲間。フダンソウっていろんな種類がある。
・これは生食は無理。ゆでてもサラダにはどうかしら。

■コールラビ↓Kohlrabi
・産地不明
・ウィキペディアによると、

語源はドイツ語で、キャベツの意味のkohlとカブ B. rapaの意味のrabiより。和名はカブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)。いずれも Kohlrabi の直訳である(甘藍、玉菜=キャベツ)。

薄くカットして、スープに入れたコールラビを試食しました。確かにブロッコリーの茎や、キャベツの芯に似ている。
生でも、甘くパリパリして、サラダに使えます。

|

« 八百屋塾 レタス | トップページ | ランチの野菜度-053 丸の内「アンティーブ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

野菜(西洋野菜)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

珍しい新種のお野菜

美味しいですね

料理の幅が広がりますね

投稿: ryuji_s1 | 2009年9月29日 (火) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46305845

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 レタス(続):

» 便秘の定義を知っておきましょう [便秘解消法 便秘をすっきり解消する方法]
便秘解消法に挑戦している皆さん、便秘の定義はご存知ですか?説明しなさいと言ってもなかなか難しいですね。女性のほとんどが気にして、いろいろな便秘解消法を悪戦苦闘しながら試しているのですが、その定義を知る方はあまりいないと思います。「私は便秘だ」と思っていろいろな方法を実践している方がその定義を知り、実際はそうではなかったとなることもあるようです。そもそも便秘には、はっきりとした定義はないのですが、常識的... [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 07時52分

« 八百屋塾 レタス | トップページ | ランチの野菜度-053 丸の内「アンティーブ」 »