« 八百屋塾 きのこ(1) | トップページ | 「つるり」というさといも »

2009年10月31日 (土)

八百屋塾 きのこ(2)

10yukirei01 昨日に続いてきのこの続き。

09.雪嶺たけ(長野・JA中野市)10yukirei03
中国のアリガタ~イきのこ。名前もうやうやしい。だけど、確かエリンギの親戚なんだよね。そう聞くと、なんだか少し親しみがわいてくる。

10.ハナビラタケ(山梨・はなびらたけ本舗)11hanabira01 11hanabira03
試食には、チンしてポン酢をかけたものが出てきました。確かになかなかイケル。でも、買ったらチンじゃなくてソテーするとか、鍋に入れるとかすると思う。

11.山伏茸(長野・久保産業)12yamabusi01 12yamabusi04
山伏茸という名前は、山伏の衣装についている白くてまるい飾りみたいな形をしているから、といいますが、写真の山伏茸はあまり似てない。これも中国ではアリガタ~イきのこだそうだ。

12.生木耳(山形・竹田きのこ園)13kikurage01 13kikurage02
これは、木耳のなかでも珍しい「本木耳」。フツー出回っているのは「あらげ木耳」。本木耳を作っている生産者はこの人一人だけ。と聞くとちょっと食べてみたかった。

13.ホワイトマッシュ 洗浄14wmush_wished01 14wmush_wished03
マッシュルームには、洗ったものと洗ってないものがあるとは知らなかった。ただ、どんな物質で洗ったのかわからない。溶液かもしれないし、何か入っているかもしれない。「無洗浄といちばん違うのは味」と高広青果の高橋さん。

14.ホワイトマッシュ 無洗浄(千葉・ちばみどり海上)14wmushroom01_2
洗浄か無洗浄か、根のところがカットしてあると一見した姿ではよくわからない。これはカットしてあるタイプですが、泥がついているのは必ず無洗浄。

15.ブラウンマッシュ(千葉・ちばみどり海上)15bmushroom01 15bmushroom03
マッシュルームでも、ブラウンのほうがホワイトよりも味が濃いとか。でも、ちゃんと食べくらべたことがないからなぁ。

16.ジャンボマッシュ(千葉・ワキュウトレーディング)16jumbomush01 16jumbomush03
マッシュルームは、間引きして育てるとどんどん大きくなるらしい。ジャンボマッシュはそうやって作ります。一般的にきのこは大きい方がおいしい、と南先生。

17.あぎ茸(長野・JA中野市)17agidake01 17agidake03
これもエリンギの兄弟分。春に直売所から送ってくださった方がいて、そのときお初にお目にかかったのですが、今年の[野菜の学校]にも登場したし、出まわりはじめたようです。

|

« 八百屋塾 きのこ(1) | トップページ | 「つるり」というさといも »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(きのこ)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46634322

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 きのこ(2):

« 八百屋塾 きのこ(1) | トップページ | 「つるり」というさといも »