« 福島徹著『食の理想と現実』 | トップページ | 【オトコの野菜料理】vol.28 ちんげん菜 »

2009年10月 5日 (月)

ミズの実

Mizunomi03 「用があって仙台へ行ってきた」というお友だちからのいただきもの。直売所で売っていたそうです。袋には「ミズの実」「宮城県加美町産」「船形山 味よし」と書いてありました。

Mizunomi05 「湯がいてポン酢とか味噌+マヨネーズで食べてもいいし、みそ汁に入れても…」とのこと。4、5分ゆでて何もつけずに食べてみると、クセのない、というか味も香りもあまりありません。かすかに苦みがあるかな…というくらい。噛んでいるうちに、ぬめりが出てくるのが面白いし、姿がとてもいいので、気に入りました。
調べてみると、どうやらウワバミソウのムカゴのようです。

  • ウワバミソウ
    東北地方で、ミズナ、またはミズとよばれるのは、人気の高いウワバミソウのこと。……略……
    秋には、茎の各節がふくらんで、球芽(ムカゴ)を作り、のちにムカゴは、ばらばらに離れ落ち、落ちたムカゴは翌春に発芽する。『食べられる野生植物大辞典』(橋本郁三著・柏書房)

前にいただいた「みず」とは茎の色が違うけれど、茎の節に球芽をつける…、きっとこれですね。みずを包丁でたたくとトロリとしてきた、その感じも似ています。

その後、ミズの実をくださったお友だちと行った居酒屋のメニューに「ミズの実」と書いてあったので、頼んでみました。Mizunomi_siozuke
「これは塩漬けね」
「ビニールパックから出しただけみたい…」
などと言いつつ、ぬめりと姿を楽しみました。

|

« 福島徹著『食の理想と現実』 | トップページ | 【オトコの野菜料理】vol.28 ちんげん菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(山菜・野草)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46398442

この記事へのトラックバック一覧です: ミズの実:

« 福島徹著『食の理想と現実』 | トップページ | 【オトコの野菜料理】vol.28 ちんげん菜 »