« 野菜の箸置き | トップページ | 緑をたっぷり召し上がれ »

2009年11月12日 (木)

ロス プラトス

01zensai 「おいしく食べて健康長寿」の会、今回は赤坂ロス プラトスです。お食事の前に「鉄は世界を救う」と題する植物栄養学のお話があり、「ムギネ酸」というコトバをおぼえました。お食事はスペイン料理。
■上の写真は前菜
生ハム、たこのマリネ、野菜のトマト煮、オリーブ。

■マッシュルームのセゴビア風↓02mushroom
熱いニンニク風味のオリーブオイルに浸かって登場する定番料理。

■うなぎの稚魚↓03unagi01 03unagi02
これも熱いオリーブオイルに入って登場。うなぎの稚魚は入手困難なので、すご~く高価なんだそうです。鍋がうやうやしく席を回った後、銘々皿に取り分けられました。これが一人分。

■イカスミのパエリア↓04ikasumi01 04ikasumi02
色は確かにイカスミしてます。

■パエリア↓05paellera01 05paellera02
ウサギ肉とホタテとパプリカ、黒い物体はなにか、記憶から消滅。

■デザート↓06dessert
ヨーグルトの下は烏骨鶏の卵で作ったプリンらしい。「プリンのようななめらかさはなく、甘い黄身のようなもの」という感想も。ヨーグルトと混ぜるためなのか、すごく甘かった。

■コーヒー↓07coffee

パエリアが2種類出てきて、デザートとコーヒーでピリオド。うなぎの稚魚は相当高いらしい。で、こういう構成になったのだろうけれど、なんだか??なコースでした。この会って珍しい(というか単に高価な)ものを食べたい、という集まりではなかったと思うが…。

|

« 野菜の箸置き | トップページ | 緑をたっぷり召し上がれ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

Ritsukoと申します。
いつも拝見させてもらってます。

しらすうなぎを料理に出すなんて、
初めて聞きました。驚きです。
子供の頃、父に連れられて浜辺に
夜釣りに行った時浅瀬にくるシラスうなぎを
漁している人に
とったシラスうなぎの入ってるバケツを
覗き込んでいたら、すごく叱られました。
とても高価なものだからとやはり言っておりました。
そのころはそれがうなぎになるとは知りませんでしたが・・・

投稿: Ritsuko | 2009年11月12日 (木) 09時51分

■Ritsukoさん
コメント、ありがとうございます。
漁師さんがとったうなぎの稚魚をご覧になったんですね。
それは印象的な体験でしたね。
小さな1匹1匹が生長すればりっぱなウナギになるんですし
輸入ものが少なくなっているそうですから
高価なのは理解できますが、
どうしても食べる必要があるものかしら、と思いました。

投稿: クサマヒサコ | 2009年11月12日 (木) 10時39分

たこのマリネ
美味しそうです
素晴らしいお料理 うれしいですね

投稿: ryuji_s1 | 2009年11月13日 (金) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46740675

この記事へのトラックバック一覧です: ロス プラトス:

« 野菜の箸置き | トップページ | 緑をたっぷり召し上がれ »