« 福来(ふくれ)みかん | トップページ | きのこたち »

2009年11月 6日 (金)

新顔野菜

Mitee02_2 「フードサービス・トレードショー」でもらった新顔野菜。グラパラリーフのアグリアシストジャパンが紹介していました。グラパラリーフに比べると、見かけはフツーですが、味は確かにちょっと変わった子たちです。※写真はミティー

以下はもらった資料から
●ミティー 上↑の写真

  • 特徴
    ・ほんのり香るカレーのにおい(種子はカレーの原料)
    ・シャキシャキした食感
    ・女性のための新顔健康野菜。20種類以上のミネラルタップリ
    ・地中海原産 マメ科の1年草植物 古くから中近東、アフリカ、インドで栽培
    ・茨城と群馬で農薬を一切使用せず栽培(ハウス内でトレーに土を入れて周年栽培)
  • 食べ方
    ・炒め物として、野菜炒めや焼肉と一緒に、ごま油で炒めるとさらに美味しく。
    ・サラダ感覚で…マヨネーズ、ゴマドレッシング、塩、味噌などつけて
    ・温野菜として…茹でると鮮やかな緑色で、シャキシャキ感が残り、付け合わせにも
    ・みじん切りなど刻んで…カレー風味が楽しめます。刺身などの薬味、チャーハンの具として

●チャムスル Chamsul02

  • 特徴
    ・ワサビよりピリッとした辛味と清涼感
    ・にんじんの葉のようで愛らしい、上品な辛味で生のまま食べられるお手軽な野菜
    ・中央アジア原産 アブラナ科の1年草植物 古くからインド、ネパールで栽培
  • 食べ方
    ・天ぷらがやおすすめ。炒め物として、塩味の野菜炒めにぴったり。卵やお肉と一緒に。
    ・サラダ感覚で…マヨネーズ、ゴマドレッシング、塩、味噌などつけて
    ・みじん切りなど刻んで…パセリのようにまぶしたり、マスタードやわさびのようにどうぞ
    ・野菜サラダ、ポテトサラダ(マヨネーズ)に、ピザの上に(ピザ生地+チーズ+チャムスル)、マリネ、カルパッチョ、オムレツ、パスタに。刻んで、チャーハンの具に。海苔巻きの具と一緒に巻くとわさびのような風味。

●クマルリーフ Kumaru_leaf02

  • 特徴
    ・インパクトのある辛味(マスタードに似た辛味)
    ・葉に毛が生えていないので、口ざわりが滑らか
    ・季節によって、葉色が赤味を増し多少変化する(夏赤く、冬緑)
    ・地中海原産 アブラナ科の1年草植物 古くからインド、ネパールで栽培
  • 食べ方
    ・おひたしがおすすめ。鮮やかな緑色で、アクがなく、食感を楽しめるおひたしに…
    ・ホットドッグやハンバーガーなどマスタード+レタスの代わりに
    ・みじん切りなど刻んで…刺身などの薬味、チャーハンの具として
    ・天ぷら、鍋物にもあいます。口触りがなめらかなため、春巻や餃子の皮のような使い方にも

|

« 福来(ふくれ)みかん | トップページ | きのこたち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

野菜(西洋野菜)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、松太郎ママです。
新顔野菜達、すごく興味深いコばかりですね。ミティーは見た目がクローバーみたいで名前もキュート!チャムスルは韓国っぽいですね。チャムスル→チャミスル(韓国焼酎)。クマルリーフはムスクランという西洋サラダ野菜ミックスの種をまいたとき、育ったサラダ野菜の中にいたような…まだまだ知らない野菜や果物ってたくさんあるって改めて思いました。クサマさんのブログは本当に読んでて楽しいです。
話変わりますが昨日新宿伊勢丹でアケビをゲットしました。昨日は仕事でヘロヘロだったので、例の実験?料理は今晩チャレンジします。また報告しますね〜

投稿: 松太郎ママ | 2009年11月 6日 (金) 11時19分

■松太郎ママさん
この子たち、スーパーマーケットに出ているらしいですよ。
どこかわからないし、私は見かけたことがないのですが…。

あけび、ゲットなさいましたか!!
ご報告、お待ちしております。

投稿: クサマヒサコ | 2009年11月 6日 (金) 14時10分

こんにちは〜
新顔野菜のコ達を探しに、買い物へ行くのがますます楽しみになりますね。あるとしたらデパートの地下とか珍しい野菜を扱ってそうなスーパー(紀伊国屋とか)のほうが可能性が高いかも?伊勢丹の地下は3年ぶりで、珍しい野菜もあってとても楽しかったです♪

投稿: 松太郎ママ | 2009年11月 7日 (土) 09時50分

はじめまして。いつも興味深く読ませていただいています。

この「ミティ」、懐かしいです!
ついに日本でも手に入るようになったんですね。

アメリカ滞在時、乾燥フェヌグリーク(種ではなく葉の方)を探していた時に、インドの方から、「これはナマだけど」と言って教えていただいたのがまさにこの野菜(?)でした。Methi(メティ)と発音していました。

食べ方を聞いたところ、「ジャガイモを下ゆでしたものを炒める時に一緒に入れる。味付けは塩こしょう」と教えられました。その通りにしてみますと、そんなに主張するわけではないのに妙においしいんです。
それから帰国するまでの間、しょっちゅうインド食材店に足を運んで買いました。

オンラインショップもあるようですが、
http://a-a-j-shop.com/?pid=13975494
ちょっと単位が大きすぎます。
どこかのスーパーやデパートで心して探してみようと思います。

投稿: べっこうねこ | 2009年11月10日 (火) 22時48分

■べっこうねこさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
おいしそうですね。やってみたくなりました。
食べ方がわかるって、新顔野菜とおなじみになれますから
野菜にとっても食べるほうにとってもウレシイこと。
貴重な情報です。ありがとうございました。

投稿: クサマヒサコ | 2009年11月11日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46686480

この記事へのトラックバック一覧です: 新顔野菜:

« 福来(ふくれ)みかん | トップページ | きのこたち »