« 山形在来作物研究会 フォーラム2009 | トップページ | 平田赤ねぎ »

2009年12月24日 (木)

イル・ケッチャーノ

Blacklboard01 山形在来作物研究会フォーラム2009の前夜、「イル・ケッチャーノ」で参加者の交流会が開かれました。「イル・ケッチャーノ」は、「アル・ケッチャーノ」で知られた奥田政行シェフのお店です。「アル・ケッチャーノ」の敷地内にあって、ふだんはカフェのような営業をしているらしいのですが、人数が多いパーティのようなときはこちらを使う、と情報通。※写真は店内の黒板

生ビールで乾杯。山形の食材を使ったお皿が次々に運ばれてきて、お酒もビールからワインになりました。
■ブリのカルパッチョ(セロリ、万能ネギ)01buri

■庄内牛のカルパッチョ(マッシュルーム、ルッコラ、パルジャミーノ)02shonaigyu

■庄内柿のサラダ(柿、フェンネル、サニーレタス、水菜、トレビス)03shonaigaki01

■ハタハタのサラダ(ハタハタ湯あげ、ネギ、ワインビネガー)04hatahata01

■ズイキ芋のチップス05zuikiimo02

■赤軸ホウレンソウ(葉ソテー添え)06akajiku01

■宝谷カブのピザ07hoyakabu01

■子持ちアユと外内島キュウリのピクルスのパスタ 08pasta01

■藤沢カブと山伏ポークの焼き畑風08fujisawakabu01

■藤沢カブと庄内豚の豚トロ、トマトソースパスタ 10pasta01

■甚五右門芋のコンソメ11consomme

■庄内牛のしゃぶしゃぶ、牛蒡のピュレ添え12shabushabu01

■デザート:カントッキと辛み大根すりおろし13desseert

■温海カブの葉のシャーベット14sherbet01

■伝九朗柿15denkurogaki02

■コーヒー

伝統野菜がこんな風に今の料理に生かされる! 奥田政行シェフの発想は、うれしい驚きに満ちています。

残念なことに、奥田シェフは留守でした。お目にかかってお話ししたかった、と思っていたら、「いま羽田」という電話が入ったといいます。待っていたら会えるのかしら。
会えました! 
スペインでお米のPRをしてきたというお話をうかがっているうちに、あれ?それ、どこかで聞いた。そうだ、この前石巻で会った方がスペインのイベントに行くと言っていた。それだ! すごい偶然! とてもうれしくなってしまったクサマでした。

|

« 山形在来作物研究会 フォーラム2009 | トップページ | 平田赤ねぎ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47099569

この記事へのトラックバック一覧です: イル・ケッチャーノ:

« 山形在来作物研究会 フォーラム2009 | トップページ | 平田赤ねぎ »