« ランチの野菜度-054 石巻駅前「大もり屋」 | トップページ | からし巻き »

2009年12月 2日 (水)

おくずかけ

Okuzukake03 石巻に行ったとき、岸朝子さんのお知り合いのお宅でお昼ごはんをごちそうになりました。いろいろ並んだごちそうのなかで、「おくずかけ」はこの地の郷土料理。さまざまな野菜を同じくらいの大きさに切ってたっぷり入れ、水溶きかたくり粉でとろみをつけたお汁です。

Okuzukake01_2 おくずかけの原型は精進料理ともいわれています。彼岸やお盆、お祝いごと、など人が集まるときに作る料理。家庭によって、入れる材料が変わりますが、さといも、だいこん、にんじん、しいたけ、油揚げ、豆麩など。サケやかまぼこなどを入れるところもあり、だしも、かつお節やコンブ、鶏がらなど、家庭によってさまざまだそうです。そこで、昨年、家庭に伝わる味を競う「いしのまきお葛かけ料理コンテスト」が開かれ、岸朝子さんも審査員に加わりました。

ただの「くずかけ」はとろみのついた料理を指し、「おくずかけ」と「お」がつくと宮城県の郷土料理(クサマの仮説)ですが、さまざまな材料が入った、しょうゆ味の、とろりとした料理のバリエーションは、宮城県内だけでなく各地にあって、名前もいろいろです。たとえば福岡の「だぶ」。「おくずかけ」と違うのは、鶏肉が入ることでしょうか。「おくずかけ」は基本的に精進料理です。

|

« ランチの野菜度-054 石巻駅前「大もり屋」 | トップページ | からし巻き »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/46915338

この記事へのトラックバック一覧です: おくずかけ:

« ランチの野菜度-054 石巻駅前「大もり屋」 | トップページ | からし巻き »