« グラニースミス | トップページ | [元気料理おやじ流]vol.04 食べ過ぎたときに »

2010年1月 7日 (木)

鳴子ウリの成子天神

Torii05_2 江戸東京野菜ゆかりの地とか、そんなことに興味があって、「鳴子ウリ」というマクワウリの掲示板があるという成子天神に、前から行ってみたかった。場所は西新宿です。
ネットを見てたら、成子天神には「富士塚」という高さ約12メートルの塚があり、山頂には木花咲耶姫の像。七福神も祀られていて、お正月の7日間以外は非公開といいます。じゃあ、今行かなくちゃ。

■鳴子天神Sando03 Shaden02 Keidai02

■これが富士塚。Fujizuka01 なかなかキッチュであります。

■境内に立っている鳴子ウリの掲示板Narukouri_board

掲示板によると

成子天神を中心とした地域は、江戸時代マクワウリの特産地でした。
記録によれば、江戸に幕府を開いた徳川家は、元和年間(1615~24)に美濃の国真桑村から農民を呼び寄せ、鳴子と府中の是政村(現在の府中市)に御用畑をもうけ、マクワウリを栽培させました。
元禄11年(1698)新宿に宿場が開かれたため、栽培は次第に盛んとなり、当時四谷ウリとか、この地域が鳴子坂と呼ばれていたので、鳴子ウリと呼ばれ、明治にいたるまで特産地として栄えました。
鳴子ウリは長さ4寸(12㎝)で、太さは元で1.8寸(約5.4㎝)、末で2寸(6㎝)あまりの小型のウリで、外観は緑色で表面に細い緑のすじがあり、熟すと甘い香りとともに黄色く色づく。果肉は緑色で甘味に富んで、当時は甘いものが少なかったので、水菓子として貴重な野菜でした。

■成子天神の前は青梅街道Naruko_zaka
ゆるやかな坂になっています。これが鳴子坂。昔、ここで名産鳴子ウリを作っていたなんてちょっとイメージできません。

■大竹道茂先生のご本『江戸東京野菜』Edoyasai_book

鳴子ウリについてはこう書かれています。

成子(鳴子とも表記された。現・新宿区西新宿)では、土地の百週・治佐衛門が、将軍家に毎年真桑ウリを献上したことから有名になり<鳴子ウリ>と名づけられて内藤新宿の名産となった。成子は内藤新宿から青梅街道を下り、神田川にかかる淀橋までの一帯である。

ちょっと食べてみたいな。たぶん、子どものころ食べたマクワウリとあまり変わらなくて、すごーくおいしい!っていうものではないかもしれないけれど。

■これは夢助さんの版画で、掲示板にある「府中真桑ウリ」Edo003huchu

|

« グラニースミス | トップページ | [元気料理おやじ流]vol.04 食べ過ぎたときに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47230123

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子ウリの成子天神:

« グラニースミス | トップページ | [元気料理おやじ流]vol.04 食べ過ぎたときに »