« タァツァイと如月菜(きさらぎな) | トップページ | 八百屋の匠、杉本晃章さんの本 »

2010年3月 2日 (火)

ランチの野菜度-058 小布施「竹風堂」

Tray ・栗おこわ山家定食
・価格=1522円
・長野県小布施「竹風堂」
・野菜度=★★★★☆

◇「農政ジャーナリストの会・(財)農村開発企画委員会合同調査」のご案内が、食生活ジャーナリストの会に届き、長野県の果樹試験場やえのき工場、直売所「オランチェ」を見学できるというので、参加しました。そのとき、小布施でとったランチです。
◇トレイにのって出てきたのは、にじますの甘露煮、栗おこわ、山菜の煮もの、むかごのみそ和え、お新香、味噌汁、グラスの中はアップルワイン。

◇にじますの甘露煮
Kanroni
ふつう甘露煮というと、濃厚な味つけでもてあますくらいなのですが、思ったより食べやすく、骨ごとそっくりいただけました。

◇栗おこわ
Kurigohan
竹風堂の定番商品らしい。1階の店舗で折り詰めを売っていました。さすが小布施。おこわ中の栗分布度が高く、うれしかった。

◇山菜の煮もの
Nimono
高野どうふ、根菜類、わらびなど、懐かしい味。

◇むかごのみそ和え
Mukago
むかごとみそ、というひなびた素材のじょうずな使い方。

Chikuhudo
◇竹風堂の1階は栗を使ったおみやげのお店、その2階でいただきました。ふつうにおいしいランチです。ひなをアピールしようと過剰になっていない、ナチュラルな味が洗練されています。メインは栗おこわ。野菜じゃないよなぁ、と思いつつ、野菜度は★★★★。

■竹風堂
〒381-0292 長野県上高井郡小布施町973
TEL:026-247-2569

|

« タァツァイと如月菜(きさらぎな) | トップページ | 八百屋の匠、杉本晃章さんの本 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ランチ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47702855

この記事へのトラックバック一覧です: ランチの野菜度-058 小布施「竹風堂」:

« タァツァイと如月菜(きさらぎな) | トップページ | 八百屋の匠、杉本晃章さんの本 »