« 八百屋塾 野菜のカービング | トップページ | パースニップ »

2010年3月26日 (金)

ランチの野菜度-060 東銀座「壮石」

00interior_2
・関係者向けオープニングレセプション
・招待
・東銀座「壮石」
・野菜度=★★☆☆☆
◇伝統野菜の情報収集中に出会った方から、高広青果のヨシエさんに招待状が届き、「江戸野菜のランチ」と聞いて、ついていきました。

◇そらまめ
01soramame

◇野菜巻
02yasai_roll

◇たこの桜煮
03tako_sakurani

◇お刺身
04osasimi

◇おすし
05susi

06

06akagai

06maguro

06saba

06siromi

06uni

◇基本はおすし屋さんでした。今回は、関係者向けのオープニングレセプションでしたから、通常のランチメニューではありません。野菜はそらまめと野菜巻、たこの桜煮の脇にあった大根だけなので、オマケして★★。

Leaflet_3

◇お店の方によると「いまとれる江戸野菜はウドぐらい。あまりないのよ」。というわけで、レセプションメニューに江戸野菜は登場しなかっようですが、パンフレットの表紙には「江戸野菜 鮓 銀座壮石 おもてなしの心」という文章、開けると江戸野菜の解説があります。

  • おもてなしの心 ※表紙
    「日本の食文化の魅力を次代を担う方々に再発見していただきたい」
    私どもはこの思いを実現すべく、創業の原点に立ち返りました。鮓と江戸野菜を通じて、真心をこめ、江戸前の“凜”とした雰囲気と下町の気取らぬおもてなしを心がけて参る所存です。これを柝にご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
                                   亭主敬白
  • 江戸野菜 ※中面
    文化とは伝統と革新が紡ぎだすもの。創業者西谷正重の築いたものを伝えるとともに、新たな挑戦をすることが伝承する者の使命と考えます。江戸東京野菜はその一端をになう貴重で素晴らしい食材です。江戸時代から農家のみなさまが守り続けてきた伝統の野菜です。最近の野菜に失われつつある独特の風味と香り、食感が特徴です。

◇通常営業が始まると、ランチもあります。穴子丼(限定)1000円、まぐろづけ丼(限定)900円。にぎり鮓(8貫巻物1/2本)が900~2500円。夜も、コース(4000~8000円)、にぎり鮓(3000円~)など、思ったより高くなくて、これなら来られそう。江戸野菜はコースの中の「旬の江戸野菜炊き合わせ」に登場します。

07kabukiza
◇歌舞伎座からみて、まっすぐ入る細い道にあるビルの2階。ということは、お店から通りに出ると、歌舞伎座が見える。「こんな景色も4月いっぱいだね」と話しながら、帰りました。
■銀座 壮石
中央区銀座5丁目14番14号サンリット銀座ビルⅡ-2階
電話03-6228-4659 ファクス03-6228-4669

|

« 八百屋塾 野菜のカービング | トップページ | パースニップ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ランチ」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47912974

この記事へのトラックバック一覧です: ランチの野菜度-060 東銀座「壮石」:

« 八百屋塾 野菜のカービング | トップページ | パースニップ »