« パール柑 | トップページ | おしゃべりな畑 »

2010年3月 9日 (火)

水晶文旦

Suishobuntan02
これも八百屋塾に現れた文旦。講師の橋本さんによると「水晶文旦というと、どこの産地のものでもちょっと高い。味は確かにいい」と。

Suishobuntan06
「どこの産地のものでも…」ということは、「水晶文旦」という名前は特定の産地のブランドではないということです。でも、「水晶文旦」という品種があるというわけでもなさそう。何だろうと思っていたら、『特産果樹』((社)日本果樹種苗協会刊)に載っていました。

  • 昭和27年(1952年)頃、高知県室戸市吉良川町の戸梶清により、交雑し育成された。
  • ‘土佐文旦’を片親にした交雑種。一方の親がはっきりしないが、‘晩王柑’(明治時代の初め、高知県で偶発実生として発見された。ブンタンの血をひく品種であるが多胚性。そうか病に弱い)ではないかと考えられている。
  • 田中長三郎が、昭和33年(1958年)、肉質と食味を賞賛して‘水晶文旦’と命名。水晶文旦1号と2号が知られているが、現在栽培されているのは1号。

なるほど。見識のある人が評価したということね。スッキリしました。「水晶」というのは、果肉の透明感からイメージしたのかもしれない。

果皮がなめらかで美しい姿をしています。465g、ずっしりと重いだけあってとてもジューシー。タネはほとんどありません。さわやかな香りがあり、甘みも酸味もほどほど。文旦系柑橘って大好き。

|

« パール柑 | トップページ | おしゃべりな畑 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
私も文旦系柑橘大好きです!!さっぱりしてて、適当に甘くて酸味もあって美味しいですよね。文旦が一番好きでいつも箱買いです。
水晶文旦が売っているお店はやっぱりデパートですか?食べてみたいlovely
サワーポメロも文旦の仲間なんですね。近所の八百屋に売ってたので早速買って食べてみようhappy02

投稿: 松太郎ママ | 2010年3月 9日 (火) 23時59分

■松太郎ママさん
最近、デパートのフルーツ売り場に行くと、いちごの安売りに気をとられてしまい水晶文旦をチェックしてないのです。だからデパートにあるかどうか不明。ごめんなさい。どうしても…、ということでしたら、ネットでしょうか。
ちなみに、ポメロって文旦のことだそうです。

投稿: クサマヒサコ | 2010年3月10日 (水) 17時54分

こんばんは〜
水晶文旦はネットで探してみます。あとデパートの果物売り場もチェックしてみますhappy01
ポメロは文旦のことでしたか…知らなかったです。日本は柑橘の種類が多いですよね。毎年文旦を箱買いし、夕食後のデザートで食べている時ほど日本に生まれて良かったって思います!!

投稿: 松太郎ママ | 2010年3月10日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47769260

この記事へのトラックバック一覧です: 水晶文旦:

« パール柑 | トップページ | おしゃべりな畑 »