« おしゃべりな畑 | トップページ | 亀戸大根福分けまつり »

2010年3月11日 (木)

アテモヤ

Atemoya02
沖縄の物産展でゲットしたアテモヤ。初めてお目にかかったのは、やはり沖縄のアーケードに出ていたワゴンです。おみやげに買って帰ったことを思い出しました。

Atemoya06

間苧谷徹先生の『果樹園芸博物学』(養賢堂)によると

  • フロリダ州のウェスター(P.J.Wester)らによって、バンレイシ(って釈迦頭のこと)とチェリモヤとの交雑により育成された種間雑種で、1913年に初結実
  • 非常に甘くて美味(森のアイスクリームというくらいだものね)
  • 沖縄県、静岡県などで、小面積の施設栽培が行われている

Atemoya08アテモヤは200g、仏頭果は500g超。釈迦頭の果皮はウロコみたいで、熟するとそっくり外せるそうですが、アテモヤの果皮の模様は凹凸があるだけ。大きさが違うし、姿は似ているけれどよく見ると違いがわかります。いちばん似ているのはカットしたときの断面。たくさん比較してないので自信はないが、アテモヤのほうが釈迦頭より甘いと思った。

|

« おしゃべりな畑 | トップページ | 亀戸大根福分けまつり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(熱帯果樹)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/47783021

この記事へのトラックバック一覧です: アテモヤ:

« おしゃべりな畑 | トップページ | 亀戸大根福分けまつり »