« [元気料理おやじ流]春レシピ⑤疲労回復 | トップページ | 幸せのおすそわけ 雪中藤沢かぶ »

2010年4月 5日 (月)

うりずん

01entrance
[野菜の学校2010]のテーマは日本の伝統野菜・地方野菜。4月の第1回は沖縄です。そこで、スタッフそろって沖縄料理を食べに行きました。丸ビルのなかにある「うりずん」です。メニューがパンフレットになっていたので、もらいました。

■お通し
02otoshi
すごく太ったイカの煮もののようなものでした。

■島らっきょうの浅漬け
03simarakyo
メニューには「沖縄のらっきょうはエシャレットに似たスマートな姿」と。エシャレットが比較の対象になってるってことは、エシャレット-らっきょうは何の疑念も抱かれずに野菜社会の市民になっているんですね。島らっきょうの浅漬けのほか、天ぷらのメニューもありました。

■ドゥル天
04duruten
「ターンム」と呼ばれる田芋のコロッケ。その中に「豚アグーとしいたけなどを練り合わせ、からりと揚げた」ものといいます。

■パパイヤイリチイ
05papaiya
せん切りの青パパイヤ、にんじん、にらなどの炒め煮。

■ニガナの白和え
06nigana_2
ニガナは苦い菜と書くから、苦いと思うと、ぜんぜん。

■ナーベラー
07nabera
土のようなカビのようなにおい…。やっぱりヘチマはちょっと苦手。

■ソーメンプットゥルー
08somen
ゆでたソーメンを炒めただけ。青い葉っぱは島菜(からし菜)の塩漬け。海苔がのっています。すごくシンプルな調理法ですが、うまみ調味料の使い方が上手なのかも。

■血イリチー
09chiirichi
メニューによると「豚肉と内臓(中身)、にんにく、にらを炒めて、新鮮な豚の血でからめたスタミナ料理。豚をまるごと一頭食べつくす、沖縄ならではの伝統的な一品です」

■海ぶどう
10umibudo
味が上手についています。沖縄へ行ったときに、海ぶどうの養殖場を見に行った話が出ました。

■ウムクジプットゥルー
11umkuji
メニューには「ウムクジはさつまいも(紅芋)のでんぷんのことで、沖縄の保存食。これを練って揚げたものが天ぷら。にらを加えて炒めた、お好み焼き風のものがプットゥルーです」とあるけど、私のお好み焼きのイメージからはずいぶん離れていた。ドロリとしていて、粘度の高い葛湯のような不思議なもの。塩味です。まずくありません。

■煮付け
12nituke
煮付けに入る基本アイテムは、豚肉、大根、昆布らしい。味つけはしょうゆかみそのいずれか。これはしょうゆ味の煮つけ。ちょっと甘かった。

■麩チャンプルー
13huchanpru
車麩でつくるチャンプルー。

■フーチバージューシー
14huchiba
フーチバーとはよもぎ。ジューシーは雑炊(のはず)。ですが、「フーチバージューシー」といって出てくるのは、しばしばよもぎの炊き込みごはん。もっと香りのクセが出ているかと思ったけれど、まったく感じませんでした。

|

« [元気料理おやじ流]春レシピ⑤疲労回復 | トップページ | 幸せのおすそわけ 雪中藤沢かぶ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48007747

この記事へのトラックバック一覧です: うりずん:

« [元気料理おやじ流]春レシピ⑤疲労回復 | トップページ | 幸せのおすそわけ 雪中藤沢かぶ »