« アル・ケッチャーノ | トップページ | [野菜の学校]①京たけのこ »

2010年5月17日 (月)

ランチの野菜度-065 山形県鶴岡市「知憩軒」

01zensai
◇知憩軒は、山形在来作物研究会の会報といっしょに送られてきたレシピ集『はたけの味』の料理とレシピを作った方がやっているレストランなので、いつか行こうと思っていました。
◇昨年庄内に行ったときは、予約できなかった。今度こそと思い、2ヶ月前に電話したらOKだった。上の写真は、最初の一皿です。左はえごま、まん中はかぼちゃ、右は山菜(名前失念)。

◇続いて出てくるごはんのセット
02gohanset
ごはんは焼いた大豆を炊き込んだもの。大豆が香ばしい。胡麻豆腐、かぶ(名前失念。在来作物です)の甘酢漬け、凍み豆腐と野菜の煮もの。

◇さらに、にしんとじゃがいもの煮もの
03nisin_potato
「へーぇ、じゃがいもを合わせてるのね」
「身欠きにしんにしてはやわらかい」
「ソフトスモークを使ってるんじゃない?」

◇さらにさらに、かぶとしめじのあんかけ
04kabu_simeji
「このかぶ、水分がたっぷりでおいしいねぇ」
「このあたりはホントにいろんなかぶがある…」

◇〆のデザートはわらび餅
05uguisu_mochi
「きなこと蜜がもっとかかっているといいのに…」という意見も。

◇庄内の観光関係の方々には、「知憩軒」だけでなく「農家レストラン」と付け加えると、すぐわかってもらえる。
◇お膳が出てきたとき、みんな、1000円のランチだからあとは出て来るはずがないと思い、「農家レストランにしちゃ…、これだけで農作業するのはつらいかも」とか言っていたのですが、次々にお料理、さらに大きなおにぎり(写真なし)まで一人1個ずつ出て来て、「これなら十分働けるね」。
◇わざとらしくない自然の味です。何でもない、すなおな味がうれしい。野菜はおうちで作ったものが多いとか。その野菜がいっぱいなので★★★★。

|

« アル・ケッチャーノ | トップページ | [野菜の学校]①京たけのこ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ランチ」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

アルケッチャーノのご近所^^)のminorunです。

写真を拡大して拝見しました。

数枚の葉っぱがあるのがコシアブラ、
茶色の茎が・・・あぶらこごみ、
奥のまぁるいのが・・・あおこごみ 

細長いのが・・・ウルイじゃないかと思います。

カブは鶴岡市(旧櫛引町)の山間地宝谷(ほうや)地区の名産 宝谷かぶだと思います。

わらび餅 観光地では、蜜をかけてからきなこをまぶしているところもありますが・・・蜜もきなこも好きなだけ調整できればいいなぁ~と思います。私はわらび餅だけで食べています。

投稿: minorun | 2010年5月17日 (月) 21時31分

■minorunさん
ありがとうございます!
そうそう、コシアブラ。「うこぎに似てる」という話が出たところまでは思い出したのですが、お店の方に教わった名前が出て来ませんでした。山菜、4種類も入っていたんですね。
アル・ケッチャーノや知憩軒があるところに住んでらっしゃるなんて、うらやましい。

投稿: クサマヒサコ | 2010年5月18日 (火) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48380233

この記事へのトラックバック一覧です: ランチの野菜度-065 山形県鶴岡市「知憩軒」:

» 鶴岡っていいところ [ほとんど日曜日]
鶴岡っていいところ [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 16時39分

« アル・ケッチャーノ | トップページ | [野菜の学校]①京たけのこ »