« [野菜の学校]③賀茂なす | トップページ | [野菜の学校]⑤万願寺とうがらし »

2010年5月21日 (金)

[野菜の学校]④伏見とうがらし

03fusimi01
「京の伝統野菜の条件の一つは、明治以前から京都で栽培されていること」と、今回講師としてお話してくださった、京のふるさと産品協会常務理事の太田善久さん。
伏見とうがらしは、江戸時代の『毛吹草』に、畿内・山城の古今名物として挙げられている「唐菘(タウガラシ=トウガラシ)」ですから、まぎれもなく京の伝統野菜です。

03fusimi03
■配布資料から

  • ナス科トウガラシ属
  • 正式名称は「伏見甘長とうがらし」で別名「ひもとう」「伏見甘」
  • 日本のとうがらし類の中では最も細長い品種で、長さ10cm~15cm、先端は尖っている
  • カルシウムはししとうの約2倍含まれている
  • 食物繊維、ビタミンCが豊富
  • 柔らかで辛味がない

■伏見とうがらしのつくだ煮
03fusimitukudani02
京のふるさと産品協会のレシピ集を参考にして作りました。

  1. 伏見とうがらしは縦半分に切ってタネを取り除く。
  2. 醤油と酒を煮たてた鍋に入れ、炒りつける。
  3. 汁がなくなったら花がつおを加え、みりんで風味をつけて仕上げる。

伏見とうがらしは「甘長」と呼ばれますが、ときどき辛いものに当たることがあります。それを、食べる前に知りたい。
『野菜を見分けるコツ百科』(西村和雄著・七つ森書館)によると

甘長とうがらしは先端がとがっているのが辛くないが、先端が丸くなると辛くなる。とうがらし類は縦の伸びが優先し、縦伸長が停止するころ横方向に太る。横方向に太りだすと辛味が増加するという傾向にある。

へーぇ、そうなんだ。こんどチェックしてみよう。

|

« [野菜の学校]③賀茂なす | トップページ | [野菜の学校]⑤万願寺とうがらし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/48414329

この記事へのトラックバック一覧です: [野菜の学校]④伏見とうがらし:

« [野菜の学校]③賀茂なす | トップページ | [野菜の学校]⑤万願寺とうがらし »